動物児童文学作家のキム・ファンです!!
カテゴリ:出版物( 59 )

17/7/1 みやこめっせにてトーク&サイン会します
 7月24日(月)14:30~ 京都市勧業館 みやこめっせにて、今年の課題図書に選ばれた絵本『すばこ』のトーク&サイン会を行います。

 毎年恒例の関西の作家たちによる「作家と遊ぼう!」にも登場します。

 毎年ぼくは、ここで新しい紙芝居を披露してきました。惜しくも今年は新しい紙芝居はまだできてなくてやりませんが、鳥と巣箱のお話を紙芝居舞台を使って、紙芝居風にやりたいと思います。

 こうご期待^^

トーハン 2017 こどもの本ブックフェア

左のチラシのイラスト さくらいともかさん 

f0004331_11420303.jpg
f0004331_11425940.jpg

[PR]

by kimfang | 2017-07-01 11:44 | 出版物
17/6/6 すばこ、課題図書になる!
f0004331_09135588.jpg
 
 今年はメジャーデビューして10周年という記念の年だ。これといったヒット作もないが、それなりに地道にやってきたことにごほうびをいただいた。何と、絵本『すばこ』(ほるぷ出版)が、「第63回 青少年読書感想文全国コンクール」の低学年の課題図書に選ばれた! 

 すでに出版社からは知らされていて、ネットでもでていたが、毎日新聞紙上での公式発表まではブログなどにあげられないルールということで、いえないでいた。本日の朝刊にようやく発表されたので、晴れてブログでの報告となった。

 ノンフィクションの絵本や知識の絵本は、性質上、どうしても地味で固くなりがちだが、ドラマ性があって美しく、楽しめるようにつくろうと努力した一冊だ。多くの子どもたちの手に届くよう、みなさまのお力をお借りしたい。
 よろしくお願いします。


[PR]

by kimfang | 2017-06-06 09:15 | 出版物
17/4/2  「すばこ」台湾版でてた!

f0004331_13312176.jpg

 先日、ふとしたことで絵本『すばこ』の絵を担当してもらったイ・スンウォンさんのブログを見ることに。

 するとだ! 2014年1月の記事に「台湾版が数か月前にでたが、きょうになってようやく届いた」という記述があった。

 えっ? 台湾版でてるの? 聞いてないよ! それも2013年にでたということ?

 急いで版元の韓国の出版社に問い合わせた。

とはいえ、知ってる編集者はみな辞めていてだれもしらない。人づてに何とか営業担当につながった。その人も台湾版がでたことを知らなかったようで、「本社」に問い合わせてみるという。

 何? 本社って?

 この出版社、以前は教育分野の大手会社のなかの単行本出版部だったが、何年か前に分社化されたそうだ。その混乱のなかで連絡が抜け落ちたという説明だ。

f0004331_13311943.jpgf0004331_13310608.jpg で、きのう、EMS(国際スピード郵便)で「問題の^^」本が届いた。

 タイトルが「男爵的鳥巣箱」と変わってた。

 日本語版では省かれた「紙巣箱づくり」がついていた。

 これらは台湾で販売を考えてのことだろう。

 まったく問題ない。

けれども……。

「金晃」とならなくてはいけない、この本の著者であるぼくの名前が「金煌」に……。だす前にそれくらいは確認してよ()

 うーん。まっ、いいかっ^^ 台湾版がでたこと自体はとてもありがたいことだから。

 台湾でも多くの男爵があらわれることを願っている!


[PR]

by kimfang | 2017-04-02 13:33 | 出版物
17/3/31 「すばこ」が北海道指定図書、福井県優良図書に
f0004331_13420708.jpg
f0004331_13421382.jpg
 絵本『すばこ』が日本で発売されて今月で1年になる。厚生労働省社会保障審議会推薦の児童福祉文化財に選んでもらったり、日本絵本賞の読者賞候補絵本に選んでもらったりと、ありがたいことが続いた。

 そしてまた、北海道の指定図書 福井県の優良図書 に選んでいただいた。

「鳥」年の今年、青葉の季節に鳥との共生を考えるきっかけになれば幸いだ。





[PR]

by kimfang | 2017-04-01 13:47 | 出版物
17/1/10 ゾウの美都の小さな勇気
 韓国で1番読まれている雑誌、「좋은생각 いい考え」2月号の巻頭エッセイを書いた。日本でいうところのPHPのような雑誌だ。
 タイトルは、「ゾウの美都の小さな勇気」。
 京都市動物園のゾウ、美都(ミト)が2年ぶりに引きこもりのから回復した話と、自分の父親の話を絡ませて書いた。

f0004331_863691.jpgf0004331_865644.jpgf0004331_871648.jpg









 美都は大正時代に建てられたゾウ舎とコンクリートの運動場で36年間も暮らしてきた。仲間もいなくなり、ずうっとひとりでいた。
 動物園のリニューアルを期に、土のグラウンドがある新しいゾウ舎が建てられることになり、ラオスから4頭もの子ゾウもやってきた。

 ところが、だ。美都は引っ越したその日から部屋からでなくなった。引きこもりになってしまったのだ。飼育員は何とか外へだそうといろいろ手を尽くしたが、ダメだった。引きこもりから2年になろうとしていた昨年10月、ようやく美都は、「小さな勇気」をだして外にでた。
f0004331_88467.jpg
 同じころ、ぼくの父親も病気で歩けなくなった。杖をついたり、押し車を押したりすれば少しは歩けるのだが、かっこ悪いとか、押し車が女性用だなど、ああだこうだと理由をつけて外にでることを嫌がった。父親も11か月かかったが、今はようやく老人用カートで外にでるようになった。

 美都も父親も頭ではわかっていた。部屋に引きこもってはいけないと。しかし、変わってしまった現実を受け入れるのに「時間」がかかったのだ。
 同じような境遇の人たちに、美都と父親の「小さな勇気」に共感してもらいたくて書いた。雑誌は今日、発売^^  雑誌、「좋은생각」ホームぺージ

 京都新聞の記事
[PR]

by kimfang | 2017-01-10 08:08 | 出版物
16/10/27 すばこ 東京子ども図書館機関誌で紹介
f0004331_9392426.jpgf0004331_9401060.jpg

 東京子ども図書館の機関誌「こどもとしょかん」2016年 秋 151号で、
 ぼくの絵本『すばこ』(ほるぷ出パン)が大きく紹介された。
 ありがたいことである。

 東京子ども図書館についてはここをクリック
[PR]

by kimfang | 2016-10-27 09:42 | 出版物
16/10/23 すばこ 月刊「子どもの本棚」で紹介される
f0004331_13241829.jpgf0004331_13272947.jpg
 今年4月にほるぷ出版からだした絵本『すばこ』が、11月号の「子どもの本棚」で大きく取りあげられた。
 ここで取りあげられたということは「日本子どもの本研究会選定図書」に選んでもらったということ。

 この絵本はすでに、厚労省の「社会保障審議会推薦児童福祉文化財」に選んでもらっているから、さらなるうれしい知らせだ。

 選ばれた本の一覧は、ここから見れます。
[PR]

by kimfang | 2016-10-23 13:10 | 出版物
16/9/6 「母のひろば」で五山賞紹介される
f0004331_8262712.jpgf0004331_8264612.jpgf0004331_827297.jpg














 童心社は毎月「母のひろば」を発行している。8月号に『カヤネズミのおかあさん』が五山賞を受賞したことが載った。

 「母のひろば」について詳しくはここをクリック。
[PR]

by kimfang | 2016-09-07 08:31 | 出版物
16/9/5 『すばこ』厚労省の社会福祉文化財に!
f0004331_10294265.jpg
 東京、栃木県小山市、愛知県名古屋市、兵庫県豊岡市と10日間に及ぶ長期出張に出かける直前、ほるぷ出版社から以下のようなメールが届いた。

「本日、『すばこ』が厚生労働省の社会保障審議会推薦児童福祉文化財になったとの連絡がありました~!」

 ううん? 何それ? はじめての経験であり、長期出張の準備で超忙しく、それをよく調べる余裕もなかった。
 で、いざっ、長期出張に出発! 

 東京にいき、打ち合わせのために童心社を訪れて担当編集者にたずねてみたところ、とんでもなくすごいことだとようやくわかった。
f0004331_10302319.jpgf0004331_10304879.jpg
 厚労省がその年度に出版された児童書のなかから「子どもたちに読んでほしい本」を厳選し推薦。その推薦図書は大きなポスターとなって、学校や病院、本屋さんなどの多くの場所に貼られるというのだ。もちろん、販売にとてもプラスになるという。
 そういえばそのポスター、見たことあった!

 来年度にはぼくの『すばこ』が入ったポスターがでる。 たのしみがまたひとつ、増えた。

 さてこの絵本、地元京都の本屋さんでは見つけるのすらむずかしいのに、東京の本屋さんではこんな素敵なディスプレイをしてくれていた。
 京都の本屋さん、がんばってや^^

 厚生労働省の社会保障審議会推薦児童福祉文化財に選ばれた本の一覧はここから。
[PR]

by kimfang | 2016-09-06 10:31 | 出版物
16/6/9 「すばこ」 民団新聞で紹介
f0004331_10481434.jpg
 ぼくの新刊絵本『すばこ』(ほるぷ出版)が、「民団新聞」で紹介された。民団新聞では韓国絵本を紹介するコラムを3月まで、1年4か月にわたって連載していた。連載の最終回には自分の絵本をさりげなく取りあげようと思っていたのだが、悲しいかな連載中には間に合わなかった^^ しかし、こうやって単独で大きく取りあげていただき、むしろ自分のコラムで紹介するよりよかったのかもしれない。

 記事はこちらからご覧になれます。
[PR]

by kimfang | 2016-06-10 10:49 | 出版物