動物児童文学作家のキム・ファンです!!
<   2009年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

09/3/13 さようならジャイアント
 f0004331_1572243.jpg
 韓国滞在中の13日夜、シリーズ絵本の画家さんたちと打ち合わせをしていたら、漫画家のチェ・ヒョンジョンさん(ペンギン本の絵を担当する)から電話がかかってきた。
 声の調子からして、よくない報せだとわかった。案の定、ソウル大公園のアジアゾウ・ジャイアントが死んだという内容だった。(亡くなったのは8日)
 ぼくが出した『サクラ』を読んで以来、彼女は、度々ソウル大公園を訪れては、サクラの近況などを伝えてくれていた。サクラのお婿さん候補だったジャイアントのことも、詳しく報告してくれていた。

 ジャイアントは、1955年5月24日、3歳のときにタイからやってきた。
 今年で57歳(韓国のマスコミが58歳と報じたているのは歳の数え方が違うから)。
 それはそれは韓国にとって、とてつもなく「ジャイアント」な存在だった。
 
 1950年6月25日からはじまった朝鮮戦争は、同じ民族が国土を焼き尽くして戦った悲惨な戦争だった。
 53年に休戦を迎えるも、いまだに戦争は終結していない。
 日本の統治から解放された45年からわずか5年で戦争となり、心も体もくたくたになった国民に平和と安らぎを与えるため、「昌慶苑動物園」(ソウル大公園の前身)の再建が急がれた。
 1954年4月、動物園は再開されたが、戦争による被害はひどく動物の数は極めて少なかった。ほ乳類はわずかに10種。
 
 『韓国動物園80年史』によると、サル、アナグマ、クマ、キツネ、タヌキ、ヤマネコ、水牛(アジア産)、ウシ(韓牛)、ヤギ、コウライカモシカ。
 ゾウも、キリンも、カバも、オオカミも、ゴリラも、動物園なら必ずいる人気者たちはいなかった。
f0004331_15143390.jpg
 何としても、子どもたちの笑顔を取り戻さなくては! 
 動物園再開の翌年、国民の熱い想いを受けてやってきたのが、ほかならぬジャイアントだったのである。
 それ以来、彼は、半世紀を越す長きに渡って国民から愛され続けた。
 ジャイアントは、今年100年を迎える韓国の動物園史に、なくてはならない存在であり、最大の功労者であると思う。

 ジャイアントとぼくの出会いは、2005年1月。サクラを取材する過程で知り合った。当時、ソウル大公園では、宝塚でひとりだったサクラと、タイから一緒にやってきた愛妻を亡くしたジャイアントの「お見合い」が進行中だった。
 ジャイアントをほかのゾウから離し、人(ゾウ)恋しくさせておいて、サクラとカップルにさせようとしているところだった。
 しかし、このときすでにサクラはアフリカゾウのリカに夢中で、アジアゾウとアフリカゾウの恋は、「結ばれない愛」として韓国中の話題になっていた。  写真→サクラ(左)とリカ(右)

f0004331_1515382.jpg
 その後、サクラはリカと離されて、ジャイアントの隣で暮らすようになった。
 ジャイアントはサクラに一生懸命にプロポーズした。
 オレと一緒にならないかと…
 なのに、リカが忘れられないサクラは、それを断ってしまったのだ。

 ぼくはサクラの友人として、ジャイアントに対して申し訳ない気持ちでいっぱいだ。
 サクラに代わって、お詫びしたい。ごめんね。
 そして安らかにおやすみ。
 ぼくたちは、いつまでもいつまでも、君を忘れない。
 さようなら、ジャイアント
[PR]

by kimfang | 2009-03-26 15:11 | トピックス
09/3/11 おーヒョジンくぅ…ん?
 ペンギン本は来月でる? 遅れるのはこの業界では当たり前のこと。でも、5月には必ず出るでしょう。
 いよいよ最終段階に入り、作家、画家、デザイナー、出版社が一同に集まって、意見を交わすことになった。まず、ゲストハウスに창비(チャンピ)出版社の面々がやってくる。とりわけ担当編集者の이효진(イ・ヒョジン)くんに会うのが楽しみだった。

 ヒョジンくんは、ほかの出版社から今年チャンピにやってきた人。だからぼくとは面識がない。
 けれども、半年間もの長きに渡ってペンギンのことを「あーだ。こーだ」とメールでやり取りして一緒に本作りをしてきた。時には意見の対立もあったが、処理の速さ、的確さは、今までの担当者の中でも群を抜いている。
 「オンマ、今度の担当者とは、めっちゃ気か会うよ。科学読み物やからな。やっぱ、男の人がええわ」
 この半年間、この言葉をどれほど連発したことか。

 約束の3時になったので部屋から出て、ロビーへいくと、そこには3人の女性が来ていた。韓国版『サクラ』の頃からお世話になっている문(文)次長と천(千)編集者、そして知らない背の高い女性の3人だった。
 お久しぶりで~すといって挨拶を終えてイスに座り世間話をしたあと、
 「えぇっと、이효진 씨(イ・ヒョジンさん)は…」と言い終わらぬうちに、その背の高い女性が、
 「私です。初めまして이효진(イ・ヒョジン)です」といって立ち上がってぺこりと挨拶した。
 「えっ?!」
 
 ―ありゃりゃ男性じゃないの? そんなー 「효진」なんて、ぜったい男の名前やろ…
f0004331_11104821.jpg 
 言葉をなくしてしまった。
 何十通と交わしたメールの中に、男と思いこんだ「失礼メール」はなかったか? 
 今日だって男が喜びそうなカッコイイ系のプレゼントを持ってきていた。(大阪市立自然史博物館で手に入れたペンギンフィギア
 女性とわかっていたらなら、ぬいぐるみなどのカワイイ系を準備したのに…


f0004331_1113525.jpg 
 狼狽した様子を悟られるのはよくない。冷静を装っていたが、込み上げてくる可笑しさを隠しきれずに、ついには大声で笑いだしてしまった。
 「ゴメン、ゴメン、ぼく、이효진さんは、男性だと思っていたんだ。だって『진』(ジン)だもーん」
 と正直に告白した。
 すると、3人とも「えー? 『진』は女の子の名前ですよ。ひどーい」とこちらもケラケラと笑った。

 在日の間では「세진」「건진」「성진」など、「진」(ジン)は男の子に多い名前だ。
 しかし韓国で「진」(ジン)は、とてもポピュラーな女の子の名前だという。
 そういえば「冬のソナタ」のヒロインは「유진」(ユジン)だった。

写真左がヒョジンさん。右はデザイナーのユンさん。

 あちゃー효진さん、失礼なこといってすいません。
 読者のみなさん、女性は科学読み物に向いてないという偏見は、これっぽっちもありません。
 ただ、この業界は女性が圧倒的に多くて、ディープに語れる男友達がいないのです。何卒ご理解を ^^
[PR]

by kimfang | 2009-03-22 11:14
09/3/12 北韓資料
 今回の旅行で唯一の「観光」は国立中央図書館にいったこと。
 86年代に出た『韓国の虎はなぜ消えたか』遠藤公男・講談社は、ぼくの人生を変えたもうひとつの本だ。著者は中央図書館で総督府の資料を発見。韓国のトラは、総督府が数万名を動員し、十年にも及ぶ捕獲作戦を展開したことで消えたのではという結論を導いた。
 この本に大きな影響を受けたぼくは、一度、著者のように中央図書館で総督府の資料を見るという経験をしてみたかったのだ。
f0004331_2302955.jpg
f0004331_2341288.jpgそこで図書館学を教える友人に案内してもらった。ところがバスを乗り継ぎずいぶんと遠くへ向かう。ついには漢江も渡って江南へ。友人曰く。「遠藤氏が資料を探していたころは南山にあったけど、今は、引っ越して新しい建物になったのよ」。
 
 ところが、ソウルの中心から一時間近くかかってやってきたというのに、図書館の司書は「お探しの総督府の資料は、もう、データベース化されていますから、インターネットで見てください」とつれない。
 うーん。遠藤氏が探した同じ体験がしたくて遠路をきたのに・・・あ゛―。
 でも、せっかくきたんだ。何か探さないと。
 そこで調べたのが「ミツバチ」の資料。ミツバチを主人にした絵本を書くために調べていたら、面白い資料がパソコンの画面に表示された。

 「꿀벌의 생활관찰/금성청년출판사/1991/북한」
 (ミツバチの生活観察/金星青年出版社/1991/北韓)
へー、북한(北韓・北朝鮮のこと)の資料が見られるんだ。見たいというと、友人が司書に聞いてくれた。2階に「북한자료コーナー」があるからそこで見ればいいという。
 驚いたのはぼくではなく、図書館のスペシャリストの友人だ。それまでは北の資料は、統一部(南北関係を担当する政府機関)に出向いて身分証明書を提出し閲覧申請しなくては見られなかった。一般人が、誰でも簡単に見られるモノではなかったというではないか!f0004331_23102085.jpg
 
 そりゃあ面白い。是非にでもとお願いした。4階から2階に下りる。ガラス戸を押して部屋に入って見渡すと、あった、あった、奥まった場所に「북한자료コーナー」。本棚2列に北韓の本がずら~り。
 とりあえずミツバチの資料を探して、他にどんな本があるのか見てみた。音楽、楽器、動植物、何と、革命歌劇の本まで! 友人はいつから見られるようになったのか司書にたずねると、詳しいことはわからないが最近だという。
 さて、さて、そんな「북한자료コーナー」で、腹を抱えて笑うものを見つけてしまった。
 学友書房の『朝日対訳 動植物名小辞典』。うちの子が小学校の時に民族学校でもらった辞典だ。そしてぼくが通訳の時に持っていく辞典。生きものの名前を日本語と朝鮮語で対訳してある持ち運び便利な小辞典。

 動植物の名前だけを扱った日韓辞典はない。南北で生きものの名前はずいぶん違うが、韓国での呼び名の別名が北の正式名だったりすることも結構あって重宝している。
 いつも使っているのに、韓国の中央図書館、それも「北韓資料コーナー」で手にすると、何か思議な気持ちになっちゃったなぁ。

 さてさて、この日はまことについていた。この5月公開予定の別棟の「デジタル図書館」に入れたからだ。
 世界有数のブロードバンド先進国の威信をかけた図書館の開館式に大統領が参加する。その打ち合わせのために秘書官が来ていて、運よく、特別に入れてもらったのだ。
f0004331_2314870.jpgf0004331_23144082.jpgf0004331_2315926.jpg
                                    







古典も、海外の新聞も、 簡単に見ることができる。

f0004331_233223100.jpg 
しかも美人司書(友人の後輩)の説明つき。

友人は、だからこの日を選んだというが、本当かなぁ。

 どうやら、本当らしい。
[PR]

by kimfang | 2009-03-20 22:32 | トピックス
09/3/11 マスクのいらない春
f0004331_1357638.jpg 
 またまた韓国にいってきた。11回目。
 今回は、現在制作中の本についての意見交換と新しい企画の提案という、まったくもって仕事オンリーの旅。
 当然、ホテルもただ寝られればいいという超安い宿。と、いうことで「秘苑(비원)ゲストハウス」を予約した。

 一泊なんと4万ウォン。
 今のレートでいうと2400円ほどだ。
 けれども宿を決めた理由は値段だけではなかった。人気観光スポット仁寺洞に8分ほどでいける抜群のロケーションも気に入った。出版社も「あの辺りはオシャレなお店がたくさんあります。会議も外でやって、食事にもいきましょう」と喜んでいた。
 
 交通の便もいい。仁川国際空港から安国駅にいく直通のリムジンバスがある。朝一番の飛行機で仁川に到着。リムジンバスに乗り、安国駅についた。ゲストハウスへのアクセス地図に大きく書かれていた目印の昌徳宮にも簡単にいけた。
 f0004331_13582739.jpg
f0004331_1402520.jpg 順調だ。予定よりも早い。あとはガソリンスタンドの角で曲がって、ふた筋目をまた右に曲がればいい。ガソリンスタンドもすぐに見つかった。
 ところが、狭い道がいくつかあって、どれが「ふた筋」に当たるのかがわからない。あれれっと思っていたら、面白いものが眼に入ってきた。

 한옥 と呼ばれる伝統家屋。ソウルで한옥を見ようとすると、북촌 한옥마을にいかなくては見られない。ここから遠い距離ではないが、今から足を運べる距離でもない。  出版社がゲストハウスにくる約束の時間までには30分近くもある。焦って宿へいく必要もないじゃないか。迷路のような小道を探索することにした。ところどころに点在する한옥はどれも素晴らしかった。
 眺めて見上げて写真を撮っていたら、時間があっという間に過ぎてしまった。
 f0004331_14112451.jpg
 仕事で遅刻は厳禁だ。ちょうど通りかかったアジュンマにたずねるも、「この辺りはゲストハウスが多くてね」という。でも、親切に近所の家で聞いてくれた。
 三軒くらいの家で聞いて、大きな看板を見つけてくれた。なんだ、ここなら何度も前を通っていたじゃないか。한옥が珍しくて見落としていたなんて。アジュンマにお礼をいった。

 ゲストハウスに到着して荷物を置くと、ほどなくして出版社の人たちがやってきた。
 さぁ出発だ。
 これまでに10回も韓国へやってきて、半分くらいは仁寺洞へいっている。安国駅から仁寺洞へといくと思っていたら、駅から仁寺洞へとは向かわず反対方向を歩きだした。

 さすがに現地人。日本のガイドブックに載っていないいい道だ。若者に人気のデートコース、銀杏の紅葉の時がいちばんいいらい。会議に使ったお店も、食事をしたお店も、とっても素敵だった。

f0004331_1436736.jpgf0004331_14364353.jpgf0004331_14375062.jpgf0004331_14381745.jpg



 


 
 豆腐料理専門店。独特の風味の豆腐と天ぷらみたいなチヂミがうまかった。

 でも、何よりも素敵だったのは、オシャレな道をマスクせずに歩けたこと。
 くしゃみも出ず、眼もかゆくない。こすり過ぎて皮膚がヒリヒリしている瞼に夜風が心地いい。寒くもなく、花粉もない、たのしい散策は本当に久しぶりだった。
f0004331_14421818.jpg
 韓国にスギ花粉はない。寒くて育たないらしい(済州島にはある)。
 スギ花粉がなくて快適だと話すと、韓国だってもうすぐ凄まじい黄砂や、もうもうと舞う松花粉の「黄色い日々」がくると恐ろしそうに顔をしかめた。

 「マスクのいらないソウルの春」を報告する。つづく。

 食事を終えて外に出ると、もう真っ暗。
 すてきな道を撮るの忘れてた ^^
[PR]

by kimfang | 2009-03-15 13:55