動物児童文学作家のキム・ファンです!!
<   2011年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

11/2/14 チョウセンオオカミ、もうすぐ
 書き上げて3年にもなる原稿が、ようやく本になろうとしている。
 1986年に北朝鮮から京都市動物園にやってきたチョウセンオオカミの家族の物語だ。2002年に最後の1頭、ウルップが死んで、もう日本にチョウセンオオカミはいない。

f0004331_18274218.jpg 2007年に、この動物園の人気スター、ハート模様を持つアミメキリン「未来」の物語を書くために取材中、飼育員から韓国のテレビ局が2002年に北朝鮮からきたチョウセンオオカミを取材した事実を知った。

 なぜ、韓国のテレビ局が北朝鮮からきたオオカミを取材したのだろうか? 
 調べると調べるほど、思いもよらない事実がわかってきた。
 
 まずは韓国の動物園とオオカミたちの辛い生い立ちから話さなければいけないだろう。
f0004331_18295254.jpg
 1960年代の韓国が、世界でももっとも貧しい国のひとつだったことは、ここでも何度も話している。
 貧しい国では、動物園の動物を充実させるのは非常にむずかしい。動物を買ってくるお金がないのだからしょうがない。

 ならば交換するしかないのだが、交換できるような動物もいなかった。
 そんなおり、1964―1967年に慶尚北道栄洲で捕まえた5頭のオオカミから生れた子どもたちは、貧しい国の動物園を豊かにしていった―。
f0004331_18311452.jpg
 日韓国交正常化もまだなっていない63年、戦後、はじめて韓国から日本に送られたのはチョウセンオオカミだ。

 このときは船が遭難して届かなかったが、68年に再度、大阪市天王寺動物園に1頭が送られるのをきっかけに、70年に山口県の徳山動物園に2頭、71年に静岡県の浜松市動物園に2頭、73年に大阪市天王寺動物園に1頭、74年に有竹鳥獣店に4頭が来日。

 これら10頭が、ペンギンをはじめとする動物たちと交換されて韓国へと渡っていったのだ。
f0004331_18323798.jpg 
 しかし1996年、ソウル大公園で最後の1頭が死に、97年に捕獲された個体があったが残念なことに死に、韓国ではチョウセンオオカミが絶滅した。
 もしかして、日本で生き残っていないか…
子どもを産んでいないか…                 はく製になったウルップ→
 次第に日本へ送られた10頭のことが話題になっていったのである。

 2002年、韓国MBCテレビが、日本に送られたオオカミを探しにやってきたが、もうどこにも死んでいない。
 ところが、京都にはまだ1頭いるという情報を得る。そこにいたのは、韓国からのオオカミでなく、北朝鮮から来たオオカミだった。
 司会者のタレントと博士は、
「朝鮮半島のオオカミが日本にいるというのに、どうして韓国にいないんだ……」
 といって涙を流して、大きな反響を呼んだ。
f0004331_18333761.jpg
 しかしこの放送が流れる直前に、ウルップは死んでしまう。
 韓国の人たちは、もう天国にいってしまったウルップの姿を見たのである。
 
 その3年後の2005年に、ようやく北朝鮮から韓国へオオカミがやってきた。

 京都市動物園のチョウセンオオカミは、はじめてきたときから最後の1頭であるウルップが死ぬまでの16年間、ぼくはオオカミ家族を見守ってきた。
f0004331_18351963.jpg
 何とか、彼らの物語を残さないと! 
 原稿は2008年に書き上げた。
 しかしその後、南北関係は急激に冷えこんでいく。昨年は、「砲撃事件」などで、南北関係は最悪の状態だ。
 だから、もう、でないのかなぁと心配していたが、が、何と、今、だすとしいうではないか!

 戦争は最大の環境破壊。                   ソウルにきた北のオオカミ→
 平和的に統一へと向かってほしい。
 南北和解のためにも、一番、いいタイミングでてるものと信じたい。

 3月20日、発売予定です^^

 f0004331_18512823.jpgf0004331_18515089.jpg
 
  どんな表紙になるのやら。
[PR]

by kimfang | 2011-02-14 18:36 | 出版物
11/2/9 枚方市田口山小学校講演と王仁博士の墓
f0004331_1571486.jpg
 枚方市の小学校で「朝学習」の時間に、絵本やお話の読み聞かせを届けている「お話キューピット」のみなさんからお声をかけていただき、田口山(たのくちやま)小学校でお話をさせていだいた。

 田口山小学校は本年度の学校図書教育モデル校に指定されていて、先生と「お話キューピット」のみなさんが、活発に読書運動を展開されている学校だ。
 4年生の173人が、ノンフィクションや絵本への興味をいだくような話を、ということで呼んでいただいた。

 韓国のお化け、トッケビの話のあとに日本の妖怪、河童の話。
 実は河童のモデルがいて、それがカワウソだという話をさせていただいた。
 興味を持ってくれればいいなぁ。
f0004331_1591438.jpg
 
 さて、その帰り道。
 お話キューピットの方が、そういえば近くに「王仁(わに)さんのお墓があります」といったものだからおどろいた。
f0004331_1510586.jpg
 韓国で王仁博士は「日本に漢字と儒教を伝えた偉人」としてとても名高い人。
 まさか、そのお墓が近くにあるとは思わないから、無理をいって案内してもらった。

 キューピットの方がいうには、韓国式の建物は近年にできたものらしい。韓国への関心が高まったのでできたといえよう。
 調べてみると、韓国でも王仁さんの研究は70年代ごろからという。日本に対する関心が高まった今日、ますます研究は進むだろう。

 さて、さい銭箱がなかなか斬新だったので、いつもは10円のところ、100円を入れた。
「百済の人なので、百円」と、くだらないギャグをいって、手を合わした。
 本のビッグヒットをお願いした^^
[PR]

by kimfang | 2011-02-14 15:11 | トピックス
11/2/3 進化した?
f0004331_2345921.jpg
 恐竜の絵本ができた。
「どうぞみなさん、韓国いったら書店にてお求めください!」
 と、いいたいところだが、この本は書店では買えない。
 才能教育の「幼児用専門読書プログラム―クッキーブック」に登録しないと配布されないのだ。

 クッキーブックは昨年2月のスタート以来、5万人(11月の時点で)を超える会員登録を記録した超人気プログラムだ。
 日本のみなさんには理解しにくいと思うが、韓国では児童書のおおよそ半分が書店に並ぶ「単行本」。残りの半分がこのような形態、もしくは「全集」と呼ばれるセットだ。
 これらは書店でなく訪問販売やインターネット注文という形で家庭に届く。

 つまり、韓国で本をだすということは、書店に並ばない本とも戦わなくてはいけないのだ。
 ふぅーっ。
f0004331_2364538.jpg 
 当初ぼくは、書店に並ばない本に批判的だった。
 しかし実際に韓国で本をだしてみて考えが変わった。
 韓国では、本は値下げ自由の市場原理で動く商品だ。
(日本では小売りが価格を変えられない―再販制度)
 だからそれを追求するあまり、商業的に成功する本ばかりが優先的に作られていく。

 その点、「クッキーブック」のような形態となれば、例え子どもたちに人気がない内容でも、彼らにとって必要ならば本を作ってセットの中に入れられる。
 そのような本は日本では主に「図書館用」として作られることが多いが、韓国ではそれが「家庭用」に作られているということ。
f0004331_2385485.jpg
 さてさて、問題はモデルになった恐竜博士。
 才能教育を訪れたときに、『ペンギン』の本をプレゼントした。
 ご覧のように、ぼくがペンギンの話を展開していくスタイルだ。
 これが制作チームに大受けしていた。
f0004331_23145193.jpg
 もしかして…

「参考にしていいか?」て聞いてきたから、
 確かに、「どうぞどうぞ、大いにやって」といってしまった…… 

 まるでスーパーサイヤ人みたいに進化してるぅぅぅ^^
[PR]

by kimfang | 2011-02-10 23:12 | 出版物