動物児童文学作家のキム・ファンです!!
<   2011年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

11/8/28 ジンクス消えた? 帰ってきた編集者
 韓国の出版社の話だ。
 以前にも書いたが、ぼくを担当すると、その編集者が退社したり、移動があったりしていなくなるというジンクスがあった。その数、何と、6名―。
 だからぼくは、新しい出版社と仕事をはじめるにあたってはいつも、「ぼくを担当すると辞めちゃうジンクスがあるから気をつけてね^^」とあいさつしている。

 ところが、新しい動きがでてきた。韓国版『サクラ』(チャンビ)を担当した「相棒」が4年ぶりに帰ってきたのだ。
 『サクラ』のあと「次も一緒にやろう」と約束していたのに、ちがう部署に移動となってしまった。代わりに担当となった編集者と「ミツバチ」を企画してしいたのだが…とほほ、本がでる前にまたまたま移動。その代役として選ばれたのが「相棒」だ。

 しかしノンフィクションチームに復帰したのではない。あくまでも児童文学雑誌担当はそのままだが、「キム先生といえば、やはり私でしょ」(本人曰く)と願いでてくれたという。

 やはり、息の合う編集者はちがう。いい提案をどんどんくれる。
そのひとつが、「銀座ミツバチプロジェクト」。 どこで情報を手に入れたのかは知らないが、韓国の子どもたちに日本の最新の取り組みを伝えてほしいといってきた。 大都会のど真ん中で営まれている養蜂は、きっと韓国の子どもたちに感動をあたえるはず。もちろんぼくも大賛成! 本の最後のところで希望のある話として取り上げたいと思う。
f0004331_12503857.jpgf0004331_1251897.jpg
 ぼくが韓国でだす本は、まだ韓国に「国産」の本がないもの。チャンピ出版社からだしている『サクラ』のゾウも、『この世のすべてのペンギンの話』のペンギンも、まだ、国産がなかった。
 国産がないところでは、当然、海外の翻訳ものがでるわけだが、韓国では特に、科学読み物では世界一といわれている(韓国ではそう思われている)アメリカの本が幅を利かせている。
 事実、アメリカの本は、たのしく学べる工夫がとってもスゴイ。(日本のものは正確だが少し退屈かも)
 
 
 例えばこの二冊(アメリカ)。日本ではでていないが、サスガ!という秀作だ。
 (左・『ミツバチの一生と歴史』、右・『ミツバチが消えている』)

 けれども、いくらスゴくても、やはり文化的な素地がちがうのが気になってしまう。
 韓国はトウヨウミツバチを使った養蜂を、少なくとも高句麗の時代からやってきた。それを子どもたちに伝えなくてはいけないし、何といっても、アメリカの本では、「銀座ミツバチプロジェクト」は紹介されまい。

 今回のミツバチも、まだ、国産の科学読み物がない。とはいえ、海外の名作に対抗するのは、ホント、たいへんだ。「相棒」の復帰はたのもしいニュースである。
[PR]

by kimfang | 2011-08-28 12:52 | トピックス
11/8/20 越前市に野生のコウノトリ?
f0004331_10164935.jpg
 18日の夕刻。
「たいへんです。コウノトリが飛んできました!」
 越前市エコビレッジ交流センターの指導員、野村みゆきさんから電話があった。
 遠くにいるので足環の確認はできなかったが、まちがいなくコウノトリが舞い降りたと連絡がきた。
 
 ぼくが絵本や紙芝居にした「コウちゃん」は、1970年の暮れに越前市の坂口地区に最初に舞い降りた。
 当時は日本に2羽がのこるだけ。「まだいたぞ!」(右の記事は1970.12.5の朝日新聞)と、たいへんなニュースになった。
 その後、コウノトリは白山地区に移動。白山にいつくなかで、コウちゃんと名づけた小学校の子どもたちとの美しいドラマがつくられていった。

 エコビレッジは、白山地区のとなりの坂口地区にある。いつかまた、坂口地区にもコウノトリがきてほしい。野村さんは常々、こういっていた。
「自分が勤めているエコビレッジの窓からコウノトリが観察出来ることが夢です」
 だから、いつコウノトリがやってきてもいいようにと地元の子どもたちと「コウノトリが舞い降りる田んぼ」づくりにはげんでいた
 コウノトリの飛来は、長年の想いが叶ったでき事だった。
f0004331_10183688.jpg
 やってきたのは先日来、若狭地方にきているJ0015なのか?
 かつて越前市に長期滞在し、住民票が発行された「えっちゃん」(J0016)なのか?

 ぼくは情報がほしくて、コウノトリの郷公園の「放鳥コウノトリ情報」や、福井のコウノトリの情報を詳しく伝えてくれる福井新聞のホームページを何度もみた。
 が、載っていない。
f0004331_10192071.jpg
 

 
 ここ数日、越前市はあいにくの荒れ模様の天気で、足環の確認ができなかった。
 19日になって、野村さんからようやく連絡があった。
 おしくも日本海側に飛んでいってしまったようだ。しかも、足環はなかったとのこと。
 41年前に舞い降りたコウちゃんは、大陸からやってきたコウノトリだ。
 
 大陸からやってきた野生のコウノトリなんだろうか?
 足環のない放鳥コウノトリなのか?
 どこにいったのか、気になる。
 越前市は来年に、コウノトリの飼育をはじめる。野生の先生としていついてほしいのだが…。

<コウノトリの長期滞在を願って 福井新聞の記事> 
[PR]

by kimfang | 2011-08-20 10:23 | トピックス
11/8/13  新兵器、ハングルキーボード
 先週、くもん出版から刊行予定のノンフィクション『君の町にコウノトリがやってくる!』を脱稿した。
 8月中に出版社に渡すことになっていたから、おおよそひと月も早い出来に担当編集者もずいぶんとおどろいていた。
 出版社からしてみれば、作家が遅れるのは織り込み済みのこと。約束よりも早い作家は超珍しい。
f0004331_1603086.jpg
 確かにぼくは筆が早い。しかしとても不器用で、同時にほかの仕事ができない。
 ひとつずつやり遂げないと、次にいけないのである。
 実は、くもんさんから仕事をいただいたちょうど同じころ、韓国の出版社から複数の仕事の依頼があった。
 そこで正直に、「ごめんなさい。くもんさんの仕事を優先させたい。それをすませないと始められないが、それでも待ってもらえますか?」ときいてみた。
 するとどうだ! 
「くもんさんの仕事なら、どうぞどうぞ優先してください」

 あれれ? そんなに韓国でくもんさんは有名なの?
 調べてみておどろいた。
 韓国の教育産業といえば、ビッグ3といわれる、교원キョウォン、 대교テギョ、웅진ウンジングル―プがある。
 遅れて創業しながらも、現在、第一位に躍りでたのが교원キョウォングループ。その代名詞となっているのが「公文式学習」、つまり「韓国くもん」なのだ。生徒数も半端じゃない。
f0004331_1614081.jpg
 韓国の出版社からしてれば、本家本元の日本のくもんさんで出してもらった方が、何かとぼくの本も売りやすい―と、まあ、そんなとこらしい。
 とはいえ、いつまでもだらだらと待たせるわけにはいかない。そこで休日も返上して必死に書きあげたしだいだ。

 さて、久しぶりの韓国の原稿だが、はじめるのに10か月も待ってもらったからには、超特急で書きあげなくてはいけない。
 そこで早く書ける新兵器を7月の訪韓でゲットしてきた。
 いままでは、ご覧のようにシートにハングル文字を書きこんで打っていたが、ひとつのボタンに日本語・英語・韓国語の三つもの文字があって非常にわかりづらい。
f0004331_1635077.jpg
 やはり韓国語は、韓国語のキーボードで書くべき。
 韓国の出版社が自社のパソコンのメンテナンスをしてもらっているという店に連れていってもらって、自分のパソコンと相性の合うキーボードを探した。
 ちょっと幅があって画面は遠くなるが操作には何の支障もなし。
 で、いくらですか? とたずねておどろいた!
 8,500ウォン! 
 日本円でたった600円!!!
 キーボードだけでも、10,000円はすると思っていたから、桁ちがい。

 新兵器で、桁ちがいの早さで書かなくては!
[PR]

by kimfang | 2011-08-13 16:05
11/8/9 コウノトリ紙芝居、少し遅れます。
f0004331_17291124.jpg
f0004331_21444362.jpg
 
 




  

  当初は8月25日発売の予定でしたが、

9月1日になりました。

 少し遅れますが、もうしばらくお待ちください。  表紙とケース、こんな感じです。 
[PR]

by kimfang | 2011-08-09 21:31 | トピックス
11/8/1 世界の絵本展 ラクダと砂漠だけじゃないよの国々
f0004331_1575488.jpg 
 今、世界の関心は、大きくふたつのことに向いている。
 ひとつは「日本の原発事故」―。
 もうひとつが「中東の春」―。

 私たちは「当事者」だから、ついつい原発事故のことばかりに関心がいきがちだが、
もうひとつの世界の関心事にも、ちゃんと目を向けなくてはいけない。

 とはいえ、中東のことをどれだけしっているのだろう?
 とてもタイムリーな絵本展が、もうすぐ、ある!

 京都国際交流協会の図書室は、毎夏、「世界の絵本展」を開催してきた。
 今年は、「ラクダと砂漠だけじゃないよの国々」。
 ずばり、今、世界の注目を浴びている中東諸国の絵本を集めた催しだ。
 (ぼくもちょっぴりお手伝いしました)

 絵本から、中東の文化にアプローチしてみよう。

こちらをクリックすると、チラシがおおきくなります!
 
 期間 8月3日(水)-7日(日)
 場所 京都国際交流会館

 6日(土)11:30―13:00には、
 アラブ文学研究者、岡 真理さん(京都大学教授)の講演があります。
[PR]

by kimfang | 2011-08-01 15:00 | トピックス