動物児童文学作家のキム・ファンです!!
<   2012年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧

12/4/22 アースデイえちぜん2012で、講演
f0004331_14374311.jpgf0004331_14381134.jpg 

 講演の当日は、朝からあいにくの雨だった。
 すごい風が吹くという予報もあり、心配しながら会場へ向かった。
 着くとすでにテントが張られていて、料理をつくるいいにおいがした。

 それぞれのブースで、いろんな人たちが独自のパフォーマンスを見せて、アースデイを楽しんでいた。
 市長も自ら自転車発電機をこいで、場を盛り上げていた。
f0004331_14401375.jpg
 10年も前にぼくは、京都市での「アースデイ」(その当時は、オール・スピイシス・デイ)の定着に努力した人間のひとりだ。
 
 …でも、こんなに楽しくやれていただろうか? ちょっと、主義主張の方が強かったのでは…と、反省したりした。(それも大事なことなのだが)

 それだけ、いろんな考えを持つ人たちをうまくまとめている実行委員の方たちの努力が普通でないことを、かつて主催者として携わった人間だから、痛いほどよくわかっているつもりだ。

f0004331_14413024.jpg
 いよいよ、講演のはじまり。
 f0004331_14415526.jpg
 
 最初は、平山亜希子飼育員による、「飼育コウノトリの現状報告」。

 越前市での初めての飼育ということで、わからないことばかり。
 それでも豊岡の飼育員の方と連絡を密にし、ときには現場に来てもらって指導を受けながら、着実に経験を積んでいることがわかりやすく報告された。
 

 「ふっくん」と「さっちゃん」の子どもが、来年には必ず誕生すると確信した。



f0004331_14455258.jpgf0004331_157963.jpg
 次に、若狭町に滞在していた「えっちゃん J0016」(越前市が特別住民票を発行)について、日本野鳥の会の高橋繁応さんから報告があった。 

 例年にない厳しい寒いなかを懸命に生きぬいて、ますます野性味が増したえっちゃんの写真が印象的だった。

 関係者は数日前からえっちゃんの行方がわからなくて心配していたが、報告の最後に豊岡のコウノトリ郷公園に戻ったことも教えてくださった。



 最後にぼくが、「生きものがつなぐ日韓」という題で講演した。 福井にまつわるジュゴンやゾウ、クマやカワウソの日韓交流などの話をさせていただいた。
f0004331_14502765.jpg
f0004331_1449571.jpg
 最後に、今月末から韓国のプサン市で「日韓 水田・湿地ネットワーク」が催され、日本から豊岡市、佐渡市、大崎市が参加することと、豊岡市長の通訳としてぼくも同行することを報せた。
その模様は、また、ここでみなさんに報告します。

 ところで、はるばる東京からかけつけてくれた、くもん出版の編集者が、強風のために電車が動かず、帰れなくなってしまった。ぼくの車でそのまま、京都まで戻って、ようやく東京へ帰ることがて゜きた。
 こんなこともあるやね^^
忘れられないアースデイになった。
[PR]

by kimfang | 2012-04-25 14:42 | トピックス
12/4/21 福井のコウノトリ飼育施設、見学
f0004331_826477.jpg
 気になっていながら行けていなかった福井県・越前市のコウノトリ飼育施設にようやく行くことができた。

 ぼくの絵本や紙芝居で主人公になった「コウちゃん」が舞い降りた田んぼのど真ん中に施設はある。
 昨年の暮れに豊岡からつがいのコウノトリがやってきたときには、大変な数の見学者が押し寄せて大混乱となった。
 そこで、コウノトリに影響を与えないよういろんな工夫が施された。
f0004331_8261749.jpg 
 そのひとつが「コウノトリ見守り隊」。隊長である野村みゆきさんに案内していただいた。

 まずは、コウノトリ支援本部(しらやまいこい館)で、モニターからコウノトリを観察。ぼくの紙芝居やノンフクションも展示してあった! ありがたい。

f0004331_8305235.jpg
 次に実際に飼育施設までいってみた。
 この、ポストの中には双眼鏡が入っている。これもそのひとつ。すごい倍率で、とってもよく見えた。
f0004331_831186.jpg

 飼育に携わっている方の話によると、環境が変わったせいもあってか、今年の繁殖はむずかしとのこと。でも、巣作りらしき動きや、交尾行動らしき動きも確認されたという。

 来年は、きっと、待望のひなをかえしてくれるだろう!
[PR]

by kimfang | 2012-04-25 08:31 | トピックス
12/4/21 カボス・武生店にて、紙芝居
f0004331_22223017.jpgf0004331_22225465.jpg
「アースデイえちぜん2012」での講演のために前日に福井入りすることになった。せっかくの福井だから、何か、アースデイの宣伝になることをしようと考えた。

 そこで、勝木書店のブックショップ「カボス・武生店」にてコウノトリの紙芝居―『とんだとんだ! コウノトリ』(童心社)を上演した。

 どうしてカボスなのか? 勝木の「Ka カ」、ブックの「Bo ブ」、ストアーの「S ス」から作られた名前だという。
 f0004331_22234726.jpg

 ところで、この日は天気がとてもよく、店内に子どもがいなかった。
 誰も来てくれないのかなぁ…と、心配していたら、ひとりの女の子が場所取りして待ってくれた。ありがたい。

 紙芝居のあと、みんなでコウノトリの折り紙づくりをたのしんだ。
 10名ほどの参加だったが、コウノトリのことをちゃんと知ってくれたと思う。

 へへへ、量より質だ^^ 
[PR]

by kimfang | 2012-04-24 22:25 | トピックス
12/4/14 越前市「アースデイ」で講演します!
f0004331_16344264.jpgf0004331_16352752.jpg


 2012年4月22日(日)福井県・越前市では、「アースデイ越前 2012」が開催されます。

 「生きものがつなぐ日韓」という演題で講演します。

 多くのみなさまのご参加をお待ちしております。

 詳しくはここをクリック!
[PR]

by kimfang | 2012-04-14 16:37 | トピックス
12/4/6 トウミ犬(도우미견)に会いにいく旅 ②
f0004331_1246916.jpg 
 写真は、日本でも活躍中の女子プロゴルファー、シン・ジエ選手。昨年(2011年)の年末に「韓国障害者トウミ犬協会」を訪ねたときに撮られたものだ。
 シン選手は、全米女子プロの賞金王やメジャータイトルも手にした、世界女王。前年に1億ウォンを寄付したこの施設を、自ら訪問したのだった。

 シン選手は新聞のインタビューに次のように語った。
「日本では、障害者のためのトウミ犬の支援活動がとても活発に行われていることを知った。それに比べて国内(韓国)では、需要に対する供給支援が、話にならないほど不足しているということを聞き、少しでも助けになればと寄付した」

 韓国で初めて盲導犬の存在が広く知られるようになったのは、1988年のソウルオリンピックだった。第8回パラリンピックの開会式では、史上初の盲導犬のパレードが実現し、日本で盲導犬とともに暮らす訓練を受けたキム・ジェミョンさんとロディを先頭に、日本からやってきた24頭の盲導犬が堂々と行進したのだ。
f0004331_12472560.jpg
 スタンドを埋め尽くした10万人の大観衆から惜しみない拍手が贈られた。開会式に参加した児童文学作家の井上こみちさんは、2001年に、この感動物語を『海をわたった盲導犬ロディ』(理論社)というノンフィクションにしてだした。
 本は、第1回動物児童文学賞の優秀賞を受賞している。

 1992年、イ・ヒョング会長は国内で初めて盲導犬の訓練をはじめる。93年には、国産第1号の盲導犬を育てあけだ。
 ところが会長がはじめた次の年である1993年、世界的な企業であるサムスン電子も、盲導犬育成事業に乗り出す。その後、サムスンのテレビコマーシャルでも積極的に登場した盲導犬たちは、国民の認識を変えるのに大活躍した。

「大企業のサムスンがするのに、どうしてお前たちがする。お金の支援などできない」
 そんなことをいわれながらも、何とか事業を続けた会長は、「盲導犬だけが必要とされているのではない」と、国内初の聴導犬の育成に成功する。
するとサムスンもまた、聴導犬の事業をはじめたのだった。協会は、ますます運営が難しくなっていった。
 それでも会長は、障害者のための犬育成に人生をかけた。
f0004331_124921.jpg
 ところがそのサムスンが、最近、手がけてきたトウミ犬の育成を、盲導犬だけにしぼり、その規模も縮小すると発表したのだ。その衝撃は、あまりにも大きかった。
 国内の聴導犬や介助犬は、「韓国障害者トウミ犬協会」だけが請け負うことになってしまったからだ。なのに訓練施設は狭く、資金も足りない。

 それを伝え聞いたシン・ジエ選手が、1億ウォンを寄付したのだった。
f0004331_12495761.jpg
 取材をし、協会側が決してサムスンを悪く思っていないことも知った。
 サムスンが果たした功績はあまりにも大きい。
 企業には企業の論理があるのも、ちゃんと理解している。だからこそ、国と国民がこの事業に積極的にかかわり、支援をしなくてはいけない!と熱く語った。

 ぼくはシン選手のように大金の寄付はできない。
 せめて本を書くことで、支援したいと思う。

 シン選手と一緒に写った老介助犬、ポティミ(引退して、施設で悠々と暮らしいる)と、ぼくも記念撮影。
 
[PR]

by kimfang | 2012-04-14 12:46 | 取材ノート
12/4/6 トウミ犬(도우미견)に会いにいく旅 ①
 ミツバチと並行して進めていたイヌの科学読み物も最終段階に入った。
 社会で活躍しているイヌといえば、盲導犬や、介助犬、セラピー犬たちだ。
 彼ら「トウミ犬(도우미견)」の訓練施設が見たくて、出版社に頼んで「韓国障害者トウミ犬協会」への取材許可を取ってもらった。
f0004331_1131218.jpg
 韓国では、盲導犬、聴導犬、介助犬など、障害のある人たちの生活を助けてくれるイヌを総じて「トウミ犬」という。トウミ(도우미)とは、「助ける者」という意味で、サポーターや、支援者にもこの言葉が使われる。
 だから盲導犬は、視覚障害者トウミ犬(시각장애인 도우미견)や盲人トウミ犬(맹인 도우미견)といい、同じように聴導犬は、聴覚障害者トウミ犬(청각장애인 도우미견)という。介助犬は、肢体障害者トウミ犬(지체장애인 도우미견)と呼ばれている。
f0004331_1141517.jpg 

 ソウルから電車で1時間ほど南にいくとピョンテク(平澤)駅(ソウル市内にいた米軍が移転したところ)に。そこからタクシーで15分ほどいったところに、その施設はあった。
 
 思っていたよりも、ずいぶん小さくおどろいたが(その訳は次回に)、施設に入ると、人懐っこいトウミ犬たちの熱烈な歓迎を受けた。中には引退して余生をここで過ごしている犬もいた。


 訓練の様子を少し見せてもらった。
 訓練士が車イスに乗って指令をだすと、窓を開けたり、冷蔵庫から水を取ってきたり、電気をつけたりした。
f0004331_1151385.jpg 


 この日も、トウミ犬がほしいという人が面接に訪れていた。
 面接室に貼られた大きな木の写真は、ここから巣立っていったトウミ犬と新しい飼い主が一緒に写った写真だ。
 
 
 それがまるで、木に実った果実のように表されていて、とってもすてきだ!と感じ入った。
[PR]

by kimfang | 2012-04-14 10:59 | 取材ノート
12/4/5 ミツバチに会いにいく旅 ②
 イチゴ農場のあとは、養蜂家を訪ねた。ミツバチとともに暮らしている方の生の声を、原稿に反映したかったからだ。
 ここでも、新しい発見がたくさんあった。
f0004331_22191152.jpg
 養蜂家のおじさんと一通り話したあと、燻煙機でハチを落ち着かせるところを実際に見せてもらえないか?とリクエスト。おじさんは、いやな顔ひとつせずにいつもの仕事を見せてくれたのだ。

 養蜂の現場で、燻煙機は大活躍している。
 ハチたちは巣板を持ち上げられると、巣を守ろうと攻撃に出る。煙は、彼らが発する攻撃フェロモンを伝えられなくするのに使われる。
 しかしその燻煙機の煙は、どうしてあんなにうまく出るのか? 前から不思議でしょうがなかった。
f0004331_22201835.jpg
 燻煙機の実物を見た途端、その謎は解けた。なんと、燻煙機にはシュポシュポと空気を押し出すフイゴのようなものが付いていたのだ。
 燻煙機の煙の威力も相当なものだと知った。そんなにもくもく出てなくても、十分に効果があることを知った。

 ハチが落ち着いたところで、おじさんが巣板を持ち上げて女王バチを探してくれた。しかしなかなか見つからない。
 おじさんは、「女王バチは、何枚もの巣板をどんどん移動するから、相当にすばしっこいんだ」と話した。
 女王バチは、どしっとしていてあまり動かないものと思っていたので意外だった。
 その話の間に撮ったのがこの写真だ。なかなかいい絵だと思っている。
f0004331_22212063.jpg
 しかしこの日は、相当に風が強くて、カメラを持つ手が揺れた。ハチたちの接写は、あまりうまくいかなかった^^
 
 

 
 おじさんたち養蜂家は暖かくなると、ここからほどないところにある軍事境界線(DMZ)に巣箱を運んでハチたちを飛ばすという。ここの蜂蜜は、DMZの蜜なのだ。

 戦争によって作られたDMZだが、皮肉にも豊かな自然が残った。南北が統一してもここを自然遺産として残そうと訴えてきたが、実際にこんな風に役立っているとは思わなかった。

 蜜源となる草木が減っている昨今、DMZはたいへん貴重な自然だ!
 ここを開発から守らなければ! という思いが、ますます強くなった。
[PR]

by kimfang | 2012-04-12 22:23 | 取材ノート
12/4/5 ミツバチに会いにいく旅 ①
f0004331_225144.jpg
 7月に、韓国でミツバチの科学読み物を出す予定だ。ミツバチの生態だけでなく、どれだけミツバチが農業に広く深く利用されているのかを伝えるために書いた。そう、ミツバチがいなくなればたいへんなことになるということ。
 本のタイトルは、『ミツバチがいなくなると、イチゴが食べられなくなるんだって?』になる予定だ。

 
 取材には「発見のための取材」と「確認のための取材」がある。もうすでに原稿は書き上がっていて、あとはもう、補完したり修正したりする段階だから、確認のための取材なのだが、やはり現場は面白い! 新しい発見がたくさんあった!

f0004331_22522967.jpg 
 韓国でもっとも農家でミツバチが利用されているのが、イチゴと참외 マクワウリ。マクワウリは日本ではあまりみられなくなったが、韓国人はマクワウリが大好き。その国民食ともいえるマクワウリの生産を陰で支えているのがミツバチなのだ。

 ソウルから電車とバスで一時間半ほど移動し、ソウルのベッドタウン、コヤン(高陽)市のイルサン(一山)に着いた。ここにある、イチゴ農家を訪れた。ここは天敵農法など、無農薬でイチゴを生産していて、体験学習なども積極的に行っている。

 ほしいのは、ハウスに置かれたミツバチの巣箱と、イチゴの花にとまったミツバチの絵(写真)。
ところが、写真を撮っていて、ふと、疑問がわいてきた。

 あれれっ? 5枚の花もあれば、6枚もある。なんで?
f0004331_22534317.jpg
 女性社長にたずねると、
「イチゴは5枚から8枚まであります。8枚が、いちばんいいイチゴができるの」
と教えていただいた。
f0004331_22545433.jpg



 

 

ならば8枚の花にミツバチがきたところを撮ろうと思ったが、時すでに遅し。
 もう、次の取材場所に行かなくてはいけない。
 
 あ゛~悔しい想いが残った。
[PR]

by kimfang | 2012-04-11 22:55 | 取材ノート
12/4/4 山陽新聞で「コウノトリ」紹介
 山陽新聞の朝刊で、『きみの町にコウノトリがやってくる』(くもん出版)が大きく報道されました。
 岡山県・倉敷市で奮闘する林 晴美さんのことを紹介する記事の中で、取り上げていただきました。
 
 詳しくは、林さんのブログに!
[PR]

by kimfang | 2012-04-09 08:27 | 出版物
12/3/31 生まれてはじめての選挙
 今年から、ぼくたち在日も、韓国の選挙に参加できるようになった(韓国籍のみ。選挙人登録が必要)。植民地統治からの解放、南北の独立と朝鮮戦争、日本の国家主権回復、そして日韓国交正常化というながれの中で、いくどとなく問題視にされながらも、どこからも与えられなかった選挙権が、ようやく与えられるようになった。
 とても小さな一票だが、たいへん大きな前進である。これは、在日の法律家たちが起こした裁判によって勝ち取った権利なのだ。
 先日、大阪の領事館に行き、「在外選挙人登録申請」を済ませてきた。
 選挙に行きたくても行けずに逝った、在日一世・二世たちの想いを込めて。

 ところで、生まれてはじめて投票というものをするのでわからないことが多い。事前に領事館から「在外投票案内文」が送られてきたので安心したが、ひとつ、腑に落ちないモノがあった。
f0004331_11514872.jpg 
 ▶次の場合は無効になるので注意して下さい。という章の最後に、
 右の図のようなマークをしなくて、「文字または、記号を記入したもの」とあった。

 あれっ? 選挙って、支持する政党を書いたり、指示された欄に「〇」を記入するんじゃないの?(やったことがないのでわからない)
「文字または、記号を記入したもの」とあるが、記入しなくちゃ、投票じゃない! いったい、どうやるんだ? と心配していた。
f0004331_11532865.jpg
 これまたぼくの悪い性で、マークが気になってしかたない。どうしてこのマークなのか?またまた疑問が湧いてくる。
 妥当なところでいえば、ハングルの母音「アヤオヨのㅏ」なのかな? と思っていたら、韓国のネットに、左のような絵が出てきた。
 あれれっ? 漢字の「ひと 人」なの? と、ますますわからなくなった。確かに人を選ぶけれど、政党だって選ぶのに…

 
 
 面白いことに、韓国本国でも「人と思う人」が大勢で出てきたことから新聞が正しい答えを記事にした。正解は、「占う 卜」の字なのだそうだ。
 そうか、そうか、選挙ならではのマーク。それなら納得。
 しかし疑問は残ったままだ。書かなくて、どうして投票といえるのか?
f0004331_11543313.jpg
 実際にいってみると、マークは、はんこで、欄のところに押すだけ。
 なるほど、それで書かなくていいから、「記入すると無効」なんだとはじめて知った^^

 選挙は、どんな結果になるのだろうか? ぼくの入れた政党は?
 今回は比例代表しかできなかったが、11月はいよいよ大統領選挙に参加できる!

 国のトップを、直接、自分たちで決められる。それがうれしい。
 その一票を持つ意義は大きい。
[PR]

by kimfang | 2012-04-01 11:48 | トピックス