「ほっ」と。キャンペーン
動物児童文学作家のキム・ファンです!!
<   2012年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

12/8/23 たいくつなアナグマ
f0004331_830372.jpg 
f0004331_8305031.jpg
 第11回アジア児童文学大会が、東京の国際大学で開催された。会場に入るや否や、
「あっ! クリーニング屋おじさんだ!」
という大きな声が響き、会場にいた人たちが振り返った。
 声の主は声もデカイが、体もデカイ。
 ぼくは170㎝ほどの身長だが、その人はぼくよりもはるかに大きな女性だった。

 大きな女性は絵本を持ってぼくに近づき、背を丸めて話しかけてきた。
「オム・ヘスクから本を贈ってもらったよ。モデルになったキム・ファン氏でしょ。会いたかったんだから」
 そして手にしていた絵本にさらさらとサインをして、ぼくに渡した。
 
『심심한 오소리 たいくつなアナグマ』이상교 イ・サンギョ / 이태수 イ・テス
「うわっ、この絵本持ってます。絵を描いた画家のイ・テスは親友でして、これは彼からもらってまして…そうでしたか、イ・サンギョ先生でしたか、はじめまして」
 ぼくはあこがれの先生と会ったことで興奮してしまって、うまく話せなかった。
f0004331_832835.jpg
 イ・サンギョという名前を意識しだしたのは、2005年にイ・テスと出会い親友になってこの絵本をもらってからだ。さらには、翌年の2006年のアジア児童文学大会のとき、香港の児童文学作家、潘明珠さんからイ・サンギョさんの詩を日本語に訳してくれと頼まれて、さらに強く意識するようになった。
 いったい、どんな人だろ? 会ってみたいと思っていたら、有名な先生の方からあいさつにきてくれるなんて、とても光栄なことだ。これもみな、絵本のモデルになったからに他ならない。
 

 ところで、サインをいただいた『심심한 오소리 たいくつなアナグマ』はこんな話だ。
森の仲間たちが遊ぼうといっても、「たいくつじゃないから、いい」と断っていたアナグマが、冬になってだれもいなくなると「たいくつでしょうがかい。だれかこないかな」と、雪の上に自分の巣穴に通じる道を描いて待つという話。
f0004331_8325390.jpg 
 動物たちが春を待ち焦がれる様子を情緒的に表した絵本だ。
 さらには、せっかくお友達が声をかけてくれているのに無視していると、あとで後悔するよ、ということも静かに教えてくれる絵本である。

 f0004331_834391.jpg
 日本でも翻訳出版されればいいなと思うのだが、主人公がアナグマでは難しそうだ。
 アナグマは「同じ穴の貉(ムジナ)」ということわざのムジナのこと。
韓国では結構愛されていて、ヨーロッパもでもアナグマが主人公の絵本は多い。イヌのダックス・フントも、実は「アナグマ狩りの犬」だ。「ダックス」とはドイツ語でアナグマという意味だ。

 日本ではどうもタヌキのほうが愛されていて、アナグマは影が薄い。韓国では、その反対だ。
 写真は上野動物園のアナグマ。たいくつしすぎて爆睡中。
 これじゃあ絵本の主人公は、やっぱり無理だな^^
[PR]

by kimfang | 2012-08-30 08:35 | トピックス
12/8/18 瑞鳥パーティー
f0004331_1156898.jpg
 『きみの町にコウノトリがやってくる』(くもん出版)の出版を記念して、仲間が「瑞鳥パーティー」を開いてくれた。
 以前より開催したいとの打診はあったが、なかなか日取りは決まらなかった。
 そんなところに、「コウノトリ記者」―読売新聞の松田聡記者の豊岡からの移動情報が入った。

 松田さんが旅発つ前に開催しよう! 
彼への感謝と激励を込めた会にしよう! 
そんな想いが、パーティー開催へとこぎつけた。
f0004331_11574566.jpgf0004331_11582711.jpg
 
 

 この本は、松田記者の協力がなかったらできなかった。
 例えばこの図。2005年の放鳥以来、コウノトリが訪れた土地をまとめたものだ。これは松田記者がコウノトリの郷公園の発表を毎日チェックして記録していた資料にもとづいて作成した。
 だから本の帯に「松田記者調べ」と入れて、出版社も感謝の心をあらわした。

 松田記者は図を作るのだけを手伝ったのではない。第6章は松田さん自身が主人公だ。彼がコウノトリを求めて、韓国、中国、ドイツと取材し、海外のコウノトリを見て導き出した結論を書いた。

 コウノトリのことなら、なんでも知っている「コウノトリ記者」の移動は、コウノトリを愛する人たちにとって大きな痛手だ。

f0004331_11593115.jpg
 中でも、倉敷市の主婦―林晴美さんにとっては、かなりのショックだった。
 倉敷市には、「ロクちゃんと」呼ばれている放鳥コウノトリが毎年やってくるが、一人の主婦の情熱的な取り組みが、やがて、町ぐるみでコウノトリとの共生を目指すように変わった。その主婦とは林さんだ。本の第5章は、林さんが主人公。この本の表紙写真は、林さんの写真を使わせていただいた。

 そもそも林さんがコウノトリと出会うきっかけとなったのは松田記者の記事だった。林さんは、コウノトリについて疑問が生じ度に松田さんに相談してきた。
 だからはるばる倉敷市から京都に飛んできてくださった。
 長年の想いが頭のなかをよぎったのだろう。最後のスピーチでは、感極まってしまった。

f0004331_10552968.jpg 
 9月1日、松田さんは新しい赴任地へと旅発つ。
 いつかまた、「出世」してコウノトリの聖地、豊岡へ戻ってきてくれると信じている。

 彼の移動が決まった、わずか数週間の間に急ピッチで決まったパーティーだ。
 準備不足にもかかわらず26名もの参加があった。
 なんと、中貝宗治・豊岡市長から、メッセージまでもいただいた。

 瑞鳥―コウノトリの縁でつながった人たちの絆が、さらに強く、深まったパーティーとなった。
 
[PR]

by kimfang | 2012-08-26 12:01 | トピックス
12/8/12 クェサン旅情
f0004331_912110.jpg
 ソウルでの3か所の講演が無事に終わった。ラストのインチョンでの講演までには1日の余裕がある。
 今回の依頼者のひとりである、ペクさんのお家に泊めてもらうことになった。元もとペクさん夫婦はソウルで子ども図書館を営んでいたが、旦那のたっての願いを聞き入れて(奥さんのペクさんは、あまり乗り気でなかったらしい)田舎へと引っ越した。
 そこが忠清北道괴산 (槐山 クェサン)郡。ソウルから車で2時間半かかった。
f0004331_921270.jpgf0004331_92424.jpg
 韓国への旅は、もう20回を超えている。たいていは出版社との打ち合わせか、動物の取材だ。のんびりと旅情を楽しむものではない。今回は1日だけだけど、ゆっくり韓国の田舎町を堪能しようと思った。

 真夜中に着いたので念願の田舎にきた感激はなかったが、朝目覚めるとソウルとはまったくちがう景色に感動した。
 家の前で唐辛子を干していると風景も、絵になる。写真をよく見てほしい。唐辛子の皮が透き通ってきて、中が透けて見えるでしょ。こうなると完成。完全に乾いた証拠なんだと教えてもらった。
f0004331_933055.jpg
 旦那さんが「せっかくですので、2時間ほどの散策コースにいきませか」と誘ってくださった。
 もちろん、そのためにきたんだもの。いかなくっちゃ。
f0004331_941249.jpg
 新しい郡守さんが、自分が学生のころに学校まで通った道を散策コースとして整備した。すると、これを目当てにたくさんの観光客がきたという。
f0004331_944953.jpg
 なるほど、たのしい道だった。クェ江という川沿いをアップダウンしながら歩く道なのだが、伝統養蜂をやっていたり、韓国で最初に建設されたダムが見えたりと、飽きない工夫が随所に施されていた。

f0004331_96377.jpg

 ところが突然、旦那さんに電話がかかってきた。
 電話を切った旦那さんが申し訳なさそうにいった。
「先生、すみません。妻が村の子どもたちにも、先生の講演を聞かせたいと家に呼んでいるようなんです。ごめんなさい」

 結局、急いで帰ってまた講演をすることに^^

 休みの日にも仕事をしたご褒美に、美味しいサムギョプサル(豚バラ肉の焼肉)をふるまってくれた。
[PR]

by kimfang | 2012-08-23 09:06 | トピックス
12/8/11 子どもと大人、一緒の講演はたいへんなんです^^
f0004331_93995.jpg 
 ソウル、インチョン、クェサンなど、今回は5か所で講演した。絵本の背景となった「在日」の話だ。当然、大人向けの講演である。
 最初の講演は依頼者の意図通り、ほとんど大人だけだったが、次の図書館ではそうはいかなかった。司書さんが「さあ、子どもたちもいらっしゃい」と呼び入れてしまったのだ。
 ちょっと待って。子ども向けの講演ではないというと、あらまっ、大人向けとは思わなかった、というではないか。こまった……。
f0004331_96359.jpg
 講演で一番むずかしいのは対象の年齢差。
 学校などで講演するときも、低学年なら低学年。高学年なら高学年と絞っていただく。低学年といっても1年生と2年生では、理解度がおそろしく違う。本当は、学年まで絞ってほしいのだが、かなり妥協して低学年や高学年という括りにしてもらっているのである。

 しかしたいていの場合、そうはいかない。
「先生、せっかくの講演ですので、低学年だけといわずに、なんとか高学年も」となってしまう。
 子どもの一年の成長を目の当たりにしていて、児童心理学まで勉強している学校の先生でもこれだ。一般の人たちは、そこのところがまったくわからない。
 ましてや、出来たばかりの新しい子ども図書館では経験もない。

 韓国は日本のように図書館がたくさんある国ではなかったが、最近、子ども図書館や「小さな図書館」がどんどんできている。国としても公的な図書館を増やすために法的に応援している。
f0004331_942164.jpg
 例えば団地を建設する場合、500世帯の団地には必ず「小さな図書館」を設置しなくてはいけない―という法律を作った。しかし建設会社は499世帯にして、図書館の建設をしぶる会社もいたという。そこで2006年に、300世帯の団地には必ず作らなければいけない―というように法が改正された。
 大きな団地には、「小さな図書館」が必ずあり、たいていがオモニたちがボランティアで子ども図書館を運営している。
 今回も「小さな図書館」で講演をした。 左の写真は団地の中の「小さな図書館」
f0004331_953276.jpg
 しかしハードはできてもソフトが足りない。ボランティアで頑張っている人たちの運営実績はまだまだだ。今回の5か所も、1か所を除いて2~3年前にできた若い図書館。専従の司書さんがいない図書館もあった。

 ぼくが自慢気にホ・ウンミさんにいった。
「むかし、2歳から75歳の年齢差のなかで講演したことがあるんですよ」
 友達の孫が通う幼稚園での講演。友達のオモニ(おばあちゃん)が息子の親友が講演するからと、10人以上のハルモニ(おばあちゃん)を動員した。
 すると、負けじとホさんがいった。             右の写真は絵本を読み聞かせするホ・ウンミさん
「私は0歳から80歳!^^」
 もうふたりで愚痴をいっている場合ではない、子どもたちがたくさんやってきてしまった。講演前の30分間で、何とか大人用の講演を子どもも聞けるように書き換えて、事なきを得た。
f0004331_992469.jpg
 しかしあと3か所もある。
 どうしょうかと悩んでいたら韓国に持ってきたUSBに、5日前に京都こどもみらい館でやった「コウノトリの紙芝居」の画像が残っていたことに気が付いた。
 よし、これだ! これを子ども向けの講演にしよう。
 日本語で書かれた文章を韓国語に直し、紙芝居をするのでなく(もちろん紙芝居は持って行ってない)絵を見て語ろう。

 つまり、子ども向けの講演と、大人向けの2本立てにしたのだ!

 作戦は見事に成功。
 今回大活躍した「コウノトリ紙芝居」は、困ったときの秘密兵器として常に持って行くことにしよう^^
[PR]

by kimfang | 2012-08-21 09:09 | トピックス
12/8/10 自分がモデルになった絵本発売
f0004331_13293427.jpg
 ぼくはノンフィクション児童文学の書き手だ。これまでに多くの人と会い、その人の人生を本にまとめてだしてきた。ところが今回、自分の人生が絵本になった。

 きっかけは5年前の2007年の4月。ノンフィクション大賞を受賞した『サクラ―日本から韓国へと渡ったゾウたちの物語』(学研)と、韓国ではじめてとなる本『コウノトリ』(ウリ教育)の発売を記念して出版記念会が催された。

 作家を目指して頑張るも、12年もかかってようやくメジャーデビューにこぎつけた遅咲きのぼくを、58名の友人たちが暖かく祝ってくれた。そこに、留学を終えたばかりの絵本翻訳家、オム・ヘスクさんがいた。 
(写真右が作者のオム・ヘスクさん、中央が企画と編集を担当したホ・ウンミさん、そしてモデルになったぼく。)

 オムさんは、韓国で200冊以上の絵本をだしている大作家。たった一冊の本のために10年以上もかかったぼくの姿が新鮮だったんだろう。また、在日として生きてきたその生い立ちにも深いものを感じ、帰国後に、子ども目線でみた出版記念会のことを一遍の童話にして雑誌に発表した。
 
 
 すると反響がとても大きく、そのことを知ったオムさんの知人の編集者、ホ・ウンミさんが絵本にすることを提案。そのためにオムさんとホ編集者は2008年にぼくに会いに日本にまでやってきた。
 2009年にはソウルで画家のイ・グァンイクさんの取材も受けた。人気絶頂の画家さんは非常に忙しく、3年がかりでようやく絵を描きあげ、7月30日に晴れて発売となった。
f0004331_13334588.jpg
 クリーニング店を営みながら動物の話を書き続けるぼくが主人公なので、タイトルは『세탁소 아저씨의 꿈 クリーニングおじさんの夢』(ウンジンジュニア)。                         右は、招待状
 今回、その発売イベントとして、数か所の子ども図書館をオムさん、ホさんと共に講演して回った。
f0004331_1334505.jpg
 最初の講演となった강남江南区の子ども図書館「초록공간 草色空間」では、関係者たちが集って「出版記念会」を催してくれた。
 自分で書いた本じゃないけれど、何だが自分が書いたような気分になっちゃって、厚かましくもロウソクも消しちゃった。

 オム・ヘスクさん、ごめんなさい^^
[PR]

by kimfang | 2012-08-20 13:31 | トピックス
12/8/9 世界の絵本展 平和絵本
f0004331_8451230.jpg

 毎年開催されている京都国際交流協会の「世界の絵本展」。

 今年は平和を考える絵本。

 8/22-25に開催されます。ここをクリックすると、チラシの拡大版が見られます!
[PR]

by kimfang | 2012-08-17 08:46 | トピックス
12/8/5 去年と同じ紙芝居だけれど、今年は「本物」だ!
f0004331_1712389.jpg
 昨年に引き続き第2回目の「キッズフェスタ お話会」が、こどもみらい館であった。
f0004331_17133540.jpg

 トップバッター、北川チハルさんが、
 歌と楽器と、映像を使って『ふたごのあかちゃん』を読み聞かせ。



 続いて、服部千春さんが『まいごの、まいごの、ゴンザレス』を読み聞かせ。

 工作とぬりえのタイムには、ぼくが韓国でだした『巣箱』の付録を使っての工作。みんな一生懸命作ってくれた。

f0004331_17152219.jpgf0004331_1716957.jpgf0004331_17171357.jpg









f0004331_17185999.jpg
 そしていよいよ、ぼくの紙芝居。
 去年と同じ紙芝居『とんだとんだ! コウノトリ』(童心社)を実演したが、へへへ、去年と同じようで、ちがうのだ! 
 実は、去年は紙芝居の発売が9月ということで間に合わず、なんと、描きあがった画家さんの絵をプリントアウトして画用紙に張り付けた「見本」でやった。
 今年は晴れて「本物」での紙芝居の実演だった。

f0004331_17194143.jpg
 最後に、沢田俊子さん×楠章子さん×宮下恵茉さんがトークセッション。
 「楽しく書こうね、感想文」と題して、作家からのワンポイントアドバイスを話された。

 今年は少しお客さんが少なかったけれど、来年もまた開催してほしい。
 そのとき、またまたまた「コウノトリ」の紙芝居では、なんともはや芸がない。

 来年は新作をお見せできるよう、頑張って紙芝居の脚本、書かなくっちゃ^^
[PR]

by kimfang | 2012-08-07 17:18 | トピックス
12/8/4 コウノトリのフレーム切手に、紙芝居の絵
f0004331_11413026.jpg f0004331_1141548.jpgf0004331_11422354.jpg

 昨日、越前市エコビレッジ交流センターの野村みゆきさんから、暑中お見舞いと共に「コウノトリのフレーム切手」が届いた。

 コウノトリのことをもっと知ってもらおうと企画されたこの切手は、ふみの日に合わせて7月23日に発売された。

 紙芝居『とんだとんだ!コウノトリ』の一場を使いたいという申し出があり、どの場面が使われるのか? とても気になっていた。

f0004331_1213962.jpg
 急いで封をあけると、切手が出てきた。
 おー、これは第②場面。

「たいへんだ。したの くちばしが おれているよ。」
「すぐに つかまえて ほご しないと。」
「いいや、やちょうは しぜんの ままに しておかなければ だめだよ。」

 町の人たちが、舞い降りたコウちゃんを見ながら話し合う場面だ。

 紙芝居が、越前市の人たちにとても愛されていることは聞いていたが、まさか、切手にまでしていただけるとは。
 コウちゃんの物語を、これからも多くの子どもたちに伝えていきます。

 と、いうことで、明日、8月5日、京都こどもみらい館にて開催される「第2回 キッズフェスタ お話会」で、 紙芝居『とんだとんだ!コウノトリ』を実演します!

 詳しくはこちらを
[PR]

by kimfang | 2012-08-04 11:45 | トピックス