「ほっ」と。キャンペーン
動物児童文学作家のキム・ファンです!!
<   2013年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

13/4/28 病気のサクラと会う
  今回のソウル大公園訪問は、南北友好の象徴だったイヌと会うのだけが目的ではなかった。ちょうど10年前に宝塚ファミリーランドの閉園に伴い韓国へと渡ったゾウのサクラと会うのも目的のひとつだった。
 ぼくは彼女のことを『サクラ―日本から韓国へと渡ったゾウたちの物語』(学研)に書いていて、韓国でも『코끼리 시쿠라 ゾウのサクラ』(창비)として翻訳本をだしている。
f0004331_10591265.jpg
 きっかけは韓国で購読者数第2位といわれている雑誌「시사IN シサイン 時事IN」(右の写真)の記者からの国際電話だった。
「サクラが病気になっていて、故郷のタイに送ろうとしている人たちがいるが、サクラの本を書いたあなたはこのことについてどう思いますか?」
 f0004331_1145830.jpg
 実は、国際電話の直前に知人からメールがあり、「サクラを家に プロジェクト」を立ち上げた経緯と、記者がぼくの電話番号を知りたがっているという連絡があった。教えて構わないとメールを返したら、すぐにかかってきた。

「サクラの病気がどれほど深刻なのかわからないが、もともとサクラは生まれて7か月半で日本にきています。コンクリートのうえが当たり前、人間と暮らすのがあたりまえだと思っている。このままソウルにいるのが幸せなのか、タイにいって自然のなかで暮らすのが幸せなのか、とにかくサクラの立場になって考えられる専門家の意見を聞くべきた」

 シーサインは、「老いて憂鬱になっていくサクラを故郷へ」というタイトルで、「サクラを家に プロジェクト」の人たちの活動を大きく紹介した。もちろん、ぼくの「専門家の意見を聞くべきと」いう電話インタビューも載せた。

 サクラの病状を確かめなくては!
 ソウル大公園に着くと、すぐにゾウの放飼場に向かった。
 その日は暖かくてゾウたちはみな、外にでて群れでのんびりとしていたが、サクラが見当たらない。
 室内展示場にいくと1頭だけ部屋の中でエサをもらっているゾウがいて、鼻の付け根が白い特徴から見て、明らかにサクラだった。
f0004331_11325931.jpg 
f0004331_1134891.jpg 

 気を回した友人が動物園関係の人を呼んできてくれた。やはりサクラは元気がないようで、ほかのゾウたちともうまくいかず、1頭でいることが多いという。
 詳しく話を聞いて、その理由がわかった。
 サクラが10年前にきた頃から一緒に暮らしていたパク・クァンシク飼育員も最近辞めてしまい(何とフィリピンに移住した)、恋に落ちたオスも死に、愛する人たちを続けてなくしたことによる精神的なストレスが原因だったのだ。

 ソウル大公園側には、可能ならフィリピンにいった元飼育員、パク・クァンシクさんにソウルにきてもらって客観的な意見を聞くのはどうか?と提案した。
 
 サクラはこれからどうなるのだろうか?
[PR]

by kimfang | 2013-04-28 11:06 | 取材ノート
13/4/20 老いる南北友好の象徴
  イヌの本を出してひと月が過ぎた。以前の記事でも触れたように、光栄にも韓国出版産業文化振興院の4月の青少年勧奨図書に選んでいただいた。ふつうは選ばれると、読書新聞をはじめとする多くのメディアが取り上げるのだが、4月の20日を過ぎても待ち望んだ記事は出なかった。いまさら今月の本もないだろうが、「本どころではない」ほど今回の戦争の危機が今までとはちがうレベルだったということだ。

 危機が去ったわけではないが、緊張緩和に向けた対話の動きもではじめている。それでも朝鮮戦争がはじまった6月25日や、休戦協定が結ばれた7月27日に向けて、新たな動きが必ずやあることだろう。
 何としても、戦争だけは避けてほしい。

 ところで南北には、殺しあった戦争の記念日だけではなく、友好の記念日だってあるのだ。みなの記憶から遠ざかろうとしているが、2000年6月13-15日に初めて南北の首脳が会って握手をした。
 そのときに交換されたのが、南の珍島犬(진돗개)と北の豊山犬(풍산개)だった。キム・ジョンイル国防委員長からキム・デジュン大統領に贈られた豊山犬は、しばらく青瓦台(大統領府)で育てられたが、その後はずうっとソウル大公園のオリニ公園で飼育されて、今も一般公開されている。

f0004331_13302355.jpgf0004331_1330528.jpgf0004331_13311184.jpg
 




 




 
 

 ぼくは韓国のイヌを長年取材してきたが、この「南北友好のイヌ」も、しっかりと取材させてもらっている。何と、2004年にはオスの「ウリ」を(写真上)、2005年にもメスの「トゥリ」を(写真下)散歩させてもらったことだってあるのだ。
 南北の首脳が交換したイヌ、大統領がもらったイヌにもしも何かあったらどうしょう?と、ドキドキした思い出は今も色あせない。

f0004331_1334461.jpgf0004331_13343240.jpgf0004331_13344588.jpg








 
  

 このイヌたちがそろそろ危ない―という噂を聞き、3月に会ってきた。
 上の写真のそれぞれ右端が、今のウリとトゥリだ。
 かつてのように「特別室」で暮らしてはいなかったが、それでも「南北首脳会談のイヌ」という看板はかかっていた。
f0004331_1340153.jpg
 オスのウリはよろよろとしか歩けず、メスのトゥリは耳がほとんど聞こえない状態と担当飼育員はいっていた。
 生まれて2か月半のときにやって来たというから、今年で13歳。中型犬だから80歳前後というところか。いつ逝ってもおかしくない。

 南北の動物交流は1999からはじまり、7度にわたり色々な動物が送られてきたが、2007年からは止まっている。
 朝鮮半島固有種の復元のためにも再開される日を待ち望んでいる。

 そういえば来年の4月に、人工飼育したコウノトリを放鳥する予定だ。かつての繁殖地の名前をつけて飛ばすのだが、北の繁殖地の名前もつけることになっている。

 できれば南北共同でこの事業をやりたいと関係者は望んでいるのだが……。
 あと1年、劇的な好転はあるのだろうか? 
[PR]

by kimfang | 2013-04-20 13:36 | 取材ノート
13/4/18 今はもう平和を掲げなくてはいけないときなのです
f0004331_8494523.jpg 
 平和があってこそ、本が読める―。
 戦争に発展しかねない緊張状態を受けて韓国の子どもの本の関係者たちが、平和を求める作家たちの署名を集めている。明日19日までに集め、23日頃に記者会見を開く予定だという。ぼくも署名に参加した。以下は、署名に添えられたメッセージだ。

 今はもう平和を掲げなくてはいけないときなのです

 今、朝鮮半島には美しい春の花が咲き乱れています。ところがわたしたちは戦争の危機のなかで、一日一日じりじりと気をもみながら暮らしています。連日テレビで報道される戦争関連のニュースで震えています。軍施設や飛行場周辺の住民たちは、戦争を髣髴させる飛行機の音に恐怖を感じ、軍隊に息子を送っているオモニたちの心は黒く焼けていくのです。何よりも、何の心配もなく過ごさなくてはいけない子どもたちが、戦争の恐怖と不安で震えています。
 わたしたちはこの不安な状況が、一日も早く解決されることを望みます。そしてその不安を取り除くため、わたしたちの政府が積極的に動かなくてはいけません。南と北が和解の手を握らない限り、お互いの壁を壊さない限り、わたしたちに本当の春はないのです。わたしたちの子どもたちが暮らしていくこの地で、もう一度戦争の悲劇が繰り返されないよう、それぞれの場所から一歩ずつ引き下がるようお願いします。ぞっとする武器を捨てて、今はもう平和の花を掲げないといけないときなのです。
 南北はもちろんのこと、アメリカと中国、ロシア、日本の指導者たち、そして国連も朝鮮半島の平和のために一緒に努力しなくていけません。朝鮮半島に完全な平和が定着するようすべての武器を下して、平和協定を締結できるように知恵を集めなくてはなりません。世界の平和のために、世界のすべての子どもたちが戦争の心配なく暮らせるように、地球のすべての生きものとともに暮らす世のために、みんなが武器を下して対話するよう切に要請します。
 朝鮮半島を美しく染めている春の花が軍事境界線を越えて、ミサイルが配置されているというウォンサン(元山)と南北をきれいに染めるように、平和を愛するわたしたちの懇切な想い、切々なる声が、その花道に沿って伝わるよう願います。
 パク・クネ大統領、キム・ジョンウン国防委員会第一委員長、オバマ大統領、中国と日本とロシアの指導者たち、パン・ギムン国連事務総長に懇切なる想いでお願いします。
 朝鮮半島の平和のために、一日も早く真正な対話に出てください。
 わたしたちは平和を望んでいます。

                   平和を愛する韓国の子どもの本の関係者たち    写真右―民族の痛み6.25(朝鮮戦争) 写真左―イムジン河の看板

f0004331_1433598.jpg

이제 평화의 꽃을 들어야 할 때입니다

지금 한반도에는 아름다운 봄꽃이 한창입니다. 그러나 우리는 전쟁위기 속에서 하루하루 가슴 졸이며 살고 있습니다. 연일 텔레비전에서 보도되는 전쟁 관련 소식으로 불안에 떨고 있습니다. 군부대나 비행장 주변 주민들은 전쟁을 방불케 하는 비행기 소리에 공포를 느끼고, 군대에 아들을 보낸 어머니들의 가슴은 까맣게 타들어 갑니다. 무엇보다 아무 걱정 없이 지내야 할 어린이들이 전쟁의 공포와 불안에 떨고 있습니다.
우리는 이 불안한 상황이 하루 빨리 해결되기를 원합니다. 그리고 그 불안을 해소하기 위해서는 우리 정부가 적극 나서야 합니다. 남과 북이 화해의 손을 마주잡지 않는 한, 서로의 벽을 허물지 않는 한, 우리에게 진정한 봄은 없습니다. 우리 아이들이 살아갈 이 땅에서 다시는 전쟁의 비극이 되풀이되지 않게 저마다의 자리에서 한걸음씩 물러나기를 부탁드립니다. 무시무시한 무기를 버리고 이제 평화의 꽃을 들어야 할 때입니다.
남북한은 물론이고 미국과 중국, 러시아, 일본의 지도자들, 그리고 유엔도 한반도의 평화를 위해 다같이 힘써야 합니다. 한반도에 완전한 평화가 정착될 수 있도록, 모두 무기를 내려놓고 평화협정을 체결할 수 있도록 지혜를 모아야 합니다. 세계의 평화를 위하여, 세계 모든 어린이들이 전쟁 걱정 없이 살게 하기 위하여, 지구의 모든 생명이 더불어 사는 세상을 위하여, 모두가 무기를 내려놓고 대화하기를 간절한 마음으로 요청합니다.
한반도를 아름답게 물들이고 있는 봄꽃이 군사분계선을 넘고, 미사일을 배치하고 있다는 원산과 함북을 곱게 물들이듯이 평화를 바라는 우리의 간절한 마음 절절한 목소리가 그 꽃길을 따라 전해지기를 소망합니다.
박근혜 대통령, 김정은 국방위원회 제1위원장, 오바마 대통령, 중국과 일본과 러시아의 지도자들, 반기문 유엔 사무총장께 간절한 마음으로 부탁드립니다. 한반도 평화를 위해 하루라도 빨리 진정한 대화에 나서 주십시오.
우리는 평화를 원합니다.
                     평화를 사랑하는 한국 어린이책 관계자들
[PR]

by kimfang | 2013-04-18 14:04 | トピックス
13/4/3 イヌの本、4月の青少年勧奨図書に
f0004331_1426916.jpg
 ついこの間まで、フェイスブックのプロフィール写真をイヌと一緒に撮ったこの写真にしていた。すると友人から「大きな犬と一緒に暮らせるほど大きな家で、幸せに暮らしているのねぇ、うらやましいわ」といわれた。
 いえいえ、小さな家に家族5人が身を寄せ合って暮らし、しかも飼っているのはイヌでなくてネコというのが現実です^^

 この写真は、「韓国障害者トウミ犬協会」を取材したときのもの。韓国で盲導犬、聴導犬、介助犬などを養成している唯一の施設だ。日本でも活躍しているプロゴルファーのシン・ジエ選手がここを訪れて寄付をしたことを知り、ぼくも取材に訪れた。参考記事 トウミ犬に会いにいく旅 

 シン選手と一緒にカメラに収まっている、そのイヌこそは、ぼくがフェイスブックに使っていた写真のイヌ。名前は「ポティミ」、盲導犬として8年間務めたあとに、引退してこの施設で悠々自適の引退生活を送っていた。
f0004331_14293674.jpg
 ポティミは、韓国初のミックス犬の盲導犬。スタンダードプードルとラブラドールレトリバーを掛け合わした「オーストラリアン・ラブラドゥードル」だ。 意外に思われるかも知れませんが、レトリバーは毛がよく抜けて、プードルはほとんど毛が抜けない。レトリバーは落ち着いているけれど、プードルは落ち着きがない。それで、ふたつのいいところだけを受け継いだイヌが創られた、それがラブラドゥードルなのだ。

 ポティミの最初のご主人様は、韓国初の盲導犬と暮らした牧師さんだった。しかし盲導犬の毛のために苦労していた。そこで、毛がぬけることの少ないポティミがいくことになった。
f0004331_14321621.jpg
 
 2番目のご主人様は、視力をなくした若い相撲選手。使用者に負けない体格の立派な盲導犬が必要といわれ、ポティミが選ばれた。

 さて、ポティミのことも書いた『人間の古くからの友だち イヌ』が、発売ひと月も経たないのに、韓国出版文化産業振興院(出版界の振興のために新たに立ち上げられた法人)が選ぶ「4月の青少年勧奨図書」に選ばれた。
 文化、歴史、哲学、教養など10の分野から、毎月一冊だけ選ばれるのたが、ぼくの本は科学の分野での選出となった。

 韓国出版文化産業振興院は、以前、国がやっていた「刊行物倫理委員会」の仕事を受け継いだ民間組織、まだ、倫理委員会だった頃に『コウノトリ』 が「6月の本」に選ばれたことがある。とにかく、権威あるところで選んでもらって、ありがたい限りだ。

 とはいえ、写真に関してはいらぬ誤解は避けたいもの。プロフィール写真はイヌの本のイラスト手がけてくれた、キム・ウンジュさんの似顔絵に替えた。ポティミ、ごめんねぇ。
[PR]

by kimfang | 2013-04-03 14:33 | トピックス