動物児童文学作家のキム・ファンです!!
<   2015年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

15/2/26 本当の強さとは何か
韓国絵本紹介コラム10回目です。
本当の強さとは何か
f0004331_203763.jpg f0004331_2033720.jpg
 何てカラフル。これが、韓国のニワトリなんだ! 
 2001年のこと。書店で見つけた絵本を見て叫んでしまった。主人公の雄鶏は、茶色っぽい体から緑色の羽根がついた翼を広げ、黒と紫色をした尾羽を優雅になびかせていた。
 今回紹介するのはそのときの絵本、 『せかいいち つよい おんどり』(原題 세상에서 제일 힘센 수탉)だ。

 ところが、韓国のニワトリについて調べてみると、悲しい現実を知ることに。悲運のはじまりは日本統治時代に、日本から生育が早くて産卵数も多い外来種を積極的に導入したことだ。韓半島在来のニワトリは徐々に飼育数を減らしていった。
 それに追い討ちをかけたのが6・25(韓国戦争)。戦う兵士の胃袋を満たすために、海外から途方もない数のニワトリが持ちこまれた。

 そして戦後も、生産力の向上だけを追及したために、ついに純粋な血統を持つ韓半島在来のニワトリは滅んだのだ。

 この絵本のニワトリは、韓国のニワトリではないのか? 画家さんに直接会って話を聞きたいという想いは日に日に募っていった。チャンスは突然に訪れた。イ・オクベさんがシンポジウムにパネリストとして招かれたのだ。
f0004331_204295.jpgf0004331_2073963.jpg
 「子どものころ田舎で見ていたニワトリをイメージしました。今や消えさってしまった在来種の堂々とした姿を再現しようと、博物館や画集に残っている朝鮮時代の画家、ピョン・サンビョク、チャン・スンオプの描いたニワトリの絵と民画などを参考にして、手探りで主人公の雄鶏を創りあげていきました」 

 さて、物語の内容だ。生まれたときから世界一。かけっこもジャンプもケンカだって得意。ほかの雄鶏からは悔しがられ、雌鶏からはモテモテだったが、やがてもっと強い雄鶏が現れる。
 がっかりした雄鶏はお酒ばかり飲むようになった。それを見た奥さんの雌鶏は、「本当の強さとは何か?」を雄鶏にそっと気づかせてあげる。

 この絵本は1997年の発売以来、今も読み継がれている名作で、教科書にも収録されている。やはり韓国初の「IBBY選定優秀図書」は伊達ではない。IBBYとは国際児童図書評議会の略称。約77か国が加盟し、「小さなノーベル賞」ともいわれる「国際アンデルセン賞」もここが与えるのだ。

 滅んでしまった韓半島在来のニワトリだったが、国の在来種家畜復元事業で蘇った(写真、ソウル大公園にて)。 

 コラム全文はここから読めます。
[PR]

by kimfang | 2015-02-26 20:10 | 連載
15/2/15 締めはやっぱ「コウノトリの郷公園」でしょ^^
 で、やっぱ締めは「コウノトリの郷公園」でしょ。
 参加者たちは郷公園の文化館で韓国語のナレーションのついた「コウノトリ野生復帰の道のり」のビデオや展示物で詳しくコウノトリについて学習した。

f0004331_14191716.jpgf0004331_14194084.jpg
 そして肝心要の「アンケート調査」に大人も子どもも真摯に向き合い、予定時間をオーバして活発な議論を忌憚なく行った。韓国からのツアー誘致という面だけでなく、韓国を含めた外国の方に、どのように豊岡を、コウノトリを理解してもらうのかという点において、かなり役に立つ意見がでたと信じている。



f0004331_14204339.jpgf0004331_1421364.jpg
 
 ところで、このようなモニターツアーの実現のきっかけとなったのが、ほかでもなく「ポンスニ」(J0051)だ。
 今回、金海(キメ)市の人たちが中心にやってきだが、ポンスニは今、金海市を離れて瑞山(ソサン)市にいる。
 そして郷公園の「放鳥コウノトリ目撃情報」のボードにはまだ反映されていないが、韓国へ渡った2羽目のコウノトリである「チェドン」(J0092)が済州(チェジュ)島にいる。

 2羽のコウノトリが活躍し、9月の韓国の放鳥が無事に成功し、そして豊岡市の「コウノトリエコツアー」が実現するとことを心待ちにしている。

 通訳とガイドの仕事を期待して^^!
[PR]

by kimfang | 2015-02-16 14:21 | トピックス
15/2/15 城崎温泉、好感度ヨシ!
 豊岡にはコウノトリしかいないのではない。世界的に有名なカバンや、城崎温泉もありますよ~。
 と、いうことで日本文化の体験として、お寺での座禅と、城崎温泉の外湯巡りをした。

f0004331_20214815.jpg 
 お寺では座禅のあとに、和尚さまよりありがたいお話をしていただいて抹茶と和菓子を食べた。
 和尚さんのお話のあとに通訳のぼくが訳すのだが、「キムさんが話すと、本物のお坊さんのようで(ぼくの頭には毛がない^^)笑うのをこらえるのにたいへんだった」と友人がいった。失礼な^^
f0004331_20221372.jpg
 そしていざ、外湯へ。ここも浴衣を着て、うろちょろのんびり散策する予定だったのだかあいにくの大雪のために浴衣は中止! 
 女性陣はこれをとても残念がっていた。

 城崎の外湯のなかでも、ひと際有名な「御所の湯」にいった。
 大雪でいろいろな困難があったけれど、雪の中の露天風呂は、忘れられない思い出になったようだ。
[PR]

by kimfang | 2015-02-15 20:22 | トピックス
15/2/15 大雪のなかでも人工巣塔へ
 モニターツアーの報告を。日程的にはちときついが京都観光を少ししたあとに豊岡を目指した。泊まったのは「シルク温泉 やまびこ」。ぼくは豊岡にいくときはいつも前を通っていたが、実際にいったのは初めて。湯の質がよくておどろいた。

 朝食のあと、温泉の社長さん自ら「田んぼアート」の説明があった。温泉の真ん前の田んぼにコウノトリのアートがあるのだが、雪がひどくて何も見えない。

 昨年、韓国に渡ったことでとっても大きな話題を提供してくれたJ0051。韓国では「ポンスニ」と呼ばれているメスのコウノトリが生まれた人工巣塔は、今回のツアーのなかの目玉のひとつだったが……^^
 これも雪がひどくて近づけない。豊岡市議会議長さんがわざわざ来られて歓迎のあいさつをしてくださったのに……だ。
f0004331_17464826.jpgf0004331_17471244.jpgf0004331_17473117.jpg









 と、そのとき、少し雪がやむと同時に、巣塔にコウノトリがいるという情報が。
大雪で足元はたいへんだが、みんなで巣塔まで歩いた。そして巣塔のコウノトリを観察。視界が悪くて確認はとれなかったが、ポンスニの両親のうちのどちらかの可能性大。
コウノトリが逃げないぎりぎりのところまでいって、撮った。

 ハチゴロウの戸島湿地や田結湿地で、コウノトリのえさの生きもの調査をする予定だったが、猛吹雪で出来なかった。うーん、日ごろの行い悪いヤツはだれだ(笑)

 大雪だけど、コウノトリを見られて少しは納得したかな?
f0004331_1749921.jpg
f0004331_17493163.jpgf0004331_1751516.jpg

 読売、朝日、毎日、神戸、産経新聞、関西テレビ、読売テレビ、そしてNHK神戸が取材にきてくださいました。

 NHK神戸の記事はこちらから。
[PR]

by kimfang | 2015-02-15 17:52 | トピックス
15/2/15 情けは人のためならず
f0004331_15553411.jpg
 12日、豊岡市が企画した「モニターツアー」に参加する韓国からの一行が、うちのカフェを訪れて昼食をとった。モニターツアーの様子はのちに報告するとして、そのなかに12月に宮城県・大崎市で開催された国際会議で知り合った慶尚南道教育庁の秘書官、チョン・ホンピョさんがいた。
f0004331_1651515.jpg
 そのときに彼がどうしても手に入れたい資料があり、何とかしてほしいと助けを求められた。なんの簡単なこと。アマゾンで売っていたのでネットで購入、国際郵便で送っただけなのに今回、多くのお土産を持ってきてくれた。
 カフェで食事のあと、ぼくもそのまま通訳兼ガイドして一行とともに豊岡へ発ったので詳しく見られなかったが、きのうようやく帰宅してじっくりとプレゼントの中身をみた。

 名のある名工が焼いた陶器のコップ。何ともカフェらしいではないか。新作メニューに入れてはどうかと「ジャパゲッティ」。これはむかし知人からもらったことであって知っていた。国民食であるジャージャー麺とスパゲッティが合体したもの^^
 そして慶尚南道の食事について書かれた非売品の本。韓国ごはんの店としては、こんなにありがたい資料はない。
f0004331_1625115.jpgf0004331_1631444.jpgf0004331_1633316.jpg
 日本のことわざに「情(なさ)けは人のためならず」というものがある。よく「情けをかけて人を助けることは、その人にとってよくない」というように使われているが、本当の意味は逆。「人に情けをかけてあげると、まわりまわって自分にかえってくる」つまり「自分のためでもある」ということ。

 さっきようやくのランチが終了。ただいまジャパゲッティを食べて、名工のコップでコーヒー中。なんか、自分が淹れたコーヒーもいつもより美味い! (気のせいかな)

 小さな情けが、大きくなってかえってきた^^
[PR]

by kimfang | 2015-02-15 16:05 | トピックス
15/2/10 日本のコウノトリ、今度は済州島に
f0004331_178635.jpg
 今朝の読売新聞の社会欄に「コウノトリ 豊岡 ▶ 済州島 800キロの旅」という見出しの記事が掲載された。
 2014年3月に韓国の慶尚南道金海市で見つかったJ0051(韓国ではポンスニという愛称で呼ばれている。今も韓国で暮らしている)に続き、今度は済州島で日本(豊岡市)生まれのコウノトリが見つかったというビッグニュースだ。

 ぼくはこの記事を書いた記者さんからコメントを求められたのだが、その理由は、単にコウノトリが韓国へと渡ったからではない。今回渡ったJ0092とぼくは、少なからぬ縁があってのことなのだ。

 ぼくがコウノトリと係わるきっかけとなったのは、2003年にだした絵本『くちばしのおれたコウノトリ』(素人社)だ。地方の小さな出版社からでたが長く愛され、のちに紙芝居やノンフィクションの題材にもなり、韓国で初めてとなる本も、この絵本にまつわるエピソードが中心となっている。

 絵本の内容だ。1970年の暮れに福井県武生市(現 越前市)発見されたコウノトリは下くちばしが8㎝もおれていた。コウノトリの観察を依頼された白山小学校の子どもたちはコウちゃんと名づけ、えさ場を作ったり保護を訴える立札を立てたりしたが、コウちゃんは日に日にやつれていった。
そこで捕獲され、豊岡市のコウノトリ飼育場(のちのコウノトリ保護増殖センター)で飼育されることになった。

 メスのコウちゃんにはヒナ誕生が期待されたが、くちばしがおれていてうまく話せない(クラッターリング)コウちゃんと「結婚」するコウノトリは現れなかった。
長い月日がたち、ようやくやさしいオスと結ばれたコウちゃんは、23年目にしてたった一羽だけ娘を残す。それが「ムラサキ」だ。
f0004331_1783277.jpgf0004331_1785327.jpgf0004331_17991.jpg













 絵本はここで終わっているが、紙芝居『とんだとんだ! コウノトリ』(童心社)では、ムラサキが産んだ4羽のヒナのうち、2羽が大空へ帰ったことを書いた。ノンフィクション『きみの町にコウノトリがやってくる』(くもん出版)では、4羽の孫のうちの一羽である「唐子」が餓死した(コウノトリが暮らせる環境が整っていない)悲しい事実にも触れた。

 今回、自然に帰った孫から生まれたのがJ0092なのだ。そう。とても貴重な(遺伝的にも)コウちゃんのひ孫だ。韓国へ渡ったのがコウちゃんの血を引くコウノトリと聞いておどろきと感激でいっぱいになった。

「コウノトリを通じた日韓の民間交流を活発化させたい」とコメントした。
[PR]

by kimfang | 2015-02-10 17:08 | トピックス
15/2/7 カフェの真ん前にコンビニできる
f0004331_1822398.jpg
 以前、豪徳寺のまねきねこを置いたら本当にいい運がふたつきたといった。
 ひとつは月刊誌「リーフ」に載ったこと。
 そしていよいよ、あとひとつを発表できる日がきたようだ。
 じゃ~ん。うちのカフェの真ん前にコンビニができま~す。カフェの前はふつうのガレージで、フェンスが高くて店が目立たなかった。そこでガレージのオーナーさんにいって、「クリゴカフェすぐそこ」とフェンスに看板を掛けさせてもらおうと真剣に検討していのだ。
f0004331_183203.jpg
 ところが、まねきねこを置いて数日後、スーツ姿の人たちが突然店にやってきて、「ガレージにコンビニができますのでよろしく」とあいさつ。ちょうど切れかけていたラップをくれた^^ ラッキー!
 
 それから約ひと月。工事関係者の人たちも食べにきてくれて、ついに今日、店舗をおおっていたテントが外された。
 足場もいましがた無事に撤去されて、晴れてご報告とあいなった。
f0004331_1845470.jpg
 正直、カフェの場所を説明するのもむずかしかったが、これで「ファミリーマート」の真ん前といえば済むのでありがたい。
 また、コンビニを利用する人たちに「あれっ、こんなところにカフェがあったんだ」と思ってもらえれば、またまたありがたい。

 まねきねこちゃん、いい仕事してますなぁ(笑)
[PR]

by kimfang | 2015-02-07 18:05 | トピックス
15/2/5 ウサギさん、愛されるわけ
韓国絵本紹介コラム9回目です。
ウサギさん、愛されるわけ

 ウサギが主人公の名作絵本といえば?
 この質問を韓国の人にしたならば、おそらく多くの人たちが一番に、『うさぎのおるすばん』(原題 도대체 그 동안 무슨 일이 일어났을까? )の名をあげるだろう。
 韓国で圧倒的な支持を得ているこの絵本について話すには、作者と当時の韓国の現状から話さなければいけない。

 イ・ホベクがソウル大学の学生のころ。日本に滞在していた親戚から、トミー・ウンゲラーのイラスト画集をプレゼントされる。
 「わたしは世のなかに、こんなに面白い絵があるということをはじめて知り、それから彼のファンになりました。その画集には彼の絵本の絵がいくつか載っており、このような絵をどうやって描き、また、このような絵が載った絵本がどのような本であるのか、知りたくてたまりませんでした」
 当時の韓国は、海外の優れた絵本が簡単に読める環境ではなかったのである。

 やがてイに、フランスに留学するチャンスが訪れる。おかげでトミー・ウンゲラーの絵本をすべて読むことができただけでなく、数多くの世界的な名作と出会えたのだ。
 93年に帰国したイは、児童書専門出版社で企画と編集の仕事をするかたわら、翌年には自身が代表を務める絵本企画会社「チェミマジュ」を設立し、やがて出版社へと発展させていく。
 韓国の絵本が質的な変化を果たすのは、90代の半ば。まさにその最前線に立っていたのが、イ・ホベクであり、彼が文と絵を担当し、自らの出版社で00年にだしたのが、ほかでもない今回の絵本だ。
f0004331_1420034.jpgf0004331_14202159.jpgf0004331_14204559.jpgf0004331_1421220.jpg













 左から、日本語版、フランス語版、英語版、韓国語版。

 おやおや、ベランダのガラス窓のカギがあいていたみたい。ウサギはこっそり窓をあけて、だれもいないお部屋に入ってきます。
 ペットのウサギはベランダから、いつもみんながやっていたことを見ていました。今夜は、だれも帰ってこないはず。ととうとやりたいことがやれるチャンスがめぐってきたんだ!
 家族がいない部屋で、ウサギはいろんなことをはじめますが……。 

 この絵本は、アメリカ、フランス、イスラエルでも発売されていて、特にアメリカでは、03のニューヨークタイムズの「年間最優秀絵本」に選ばれた。
 日本語の翻訳は、芸能界きっての韓国通、黒田福美さんが担当している。

 記事全文はここから読めます。
[PR]

by kimfang | 2015-02-05 14:22 | 連載