動物児童文学作家のキム・ファンです!!
<   2015年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

15/5/29 天才作家唯一の童話
韓国絵本紹介コラム18回目です。
天才作家唯一の童話
     
 みなさんは「トッケビ」をご存知かな? 韓国のむかし話の定番といえば、トッケビ! たくさんのお話がある。でも、あまりピンとこないことだろう。トッケビは韓国独自の想像上の生きもの。日本にはいないから。日本語で説明するのはかなりむずかしいが、あえていうならば、お化け、妖怪、鬼といったところか?  

 けれどもトッケビは、死んだ人が化けたものではない。自然物から生まれてくるともいい、また、古い生活道具などから生まれるとも。その姿はまちまちで、いろいろなものにも化ける。このように日本語でピタリと当てはまるものがないので、そのままトッケビと訳されているのだ。
f0004331_15352673.jpg
 今回は、そのトッケビがでてくる数あるお話のなかでも、とりわけ有名な『うしとトッケビ』(原題 황소와 도깨비)を紹介しよう。これはむかし話ではない。近代韓国を代表する作家、イ・サンが1937年3月に発表した童話だ。

 まき売りのトルセは大切なウシと暮らしていた。ある日、暗い森のなかを歩いていると、突然、トッケビの子が現れる。トッケビはイヌにしっぽをかまれてしまい、傷が治るまで術が使えなくて帰れない。
ふた月の間だけウシのお腹のなかに入れてもらえないかと必死に頼む。その代わり、ウシの力を今の10倍にすると約束する。
トルセが頼みを聞き入れてやると、ウシの力が本当に10倍も強くなった。以前にも増して自慢のウシだ。
f0004331_15355632.jpgf0004331_15361579.jpg
 やがて約束のふた月が過ぎた。ところがトッケビの子は太ってしまい、ウシののどからでられない。トッケビがウシのお腹を破れば、ウシは死んでしまう。果たしてウシは、トッケビは……。

 作者のイ・サンは、詩、随筆、小説など、多様なジャンルで優れた作品を書いたが、27歳という若さで亡くなる。天才作家と呼ばれるイ・サンが唯一書いた童話を絵本化したのが、今回の絵本だ。

 また、絵をつけたハン・ビョンホは、トッケビを描かせたら右にでるものがいないといわれている天才画家。ふたりの天才が、韓半島の不思議な存在であるトッケビと人間との友情をほのぼのと描いた。

 イ・サンの死から40年が経った1977年。その功績が高く評価され、「イ・サン文学賞」が創設された。この賞は韓国最高の文学賞といわれていて、毎年、受賞作は多くの注目を集めている。

 写真は昨年の文学賞受賞作品集。そして、イ・サン。

 記事全文はここから読めます。
[PR]

by kimfang | 2015-05-30 15:37 | 連載
15/5/23 金海の子どもたち、この夏、豊岡へ
f0004331_12443599.jpg
 ポンスニの第一発見者で、花浦川湿地公園の館長(園長)であるクァク・スングクさんからは、以前より、花浦川湿地公園で子どもたちにコウノトリの話をしてくださいと頼まれていた。
 しかしお互いの予定が上手くかみ合わず、なかなか実現しなかった。今回、豊岡市長の通訳として訪韓する機会に恵まれたことで、ようやく講演が実現したのだ。
f0004331_1245424.jpg
 ところで、子どもたちに話す話の内容は、先月(3月の末から4月のはじめ)にソウルの子どもたちにしたのとまったく同じ。
 コウノトリのことについて話し、紙芝居をして、次に巣箱の話と続いて、みんなで絵本『巣箱』の巻末についている紙工作をして遊ぶのだ。

 だが、金海の子どもたちはレベルがちがった。
 設問を投げかけると、すぐに答えがきて、しかもみな正しい。逆に気になることをこちらに問いかけてくる。
 なかには、こんなふうにコウノトリの絵を描いて「予習」してきた子も。
 
 特に紙工作は、ソウル市の子どもたちは作りはじめるまでに少々時間がかかる子がいたが、ここの子どもたちはほかの子の動きを見てから動く子などいない。どんどんやっていく。4歳の子がふたりもいたが、おねぇちゃんおにぃちゃん負けていない。
 そう。みんな慣れているのだ。
f0004331_1246113.jpgf0004331_14404221.jpgf0004331_1441731.jpg








 クァク館長によれば、少なくとも月に一度、このような「質のいい^^」親子を対象とした学習プログラムを地道に催してきた。だからリピーターがとても多い。
因みにぼくの講演会は、募集をネットで配信してわずか10分で定員に達したという。すごっ!
f0004331_14434032.jpg
 生態館での「授業」が終わったあとは、外にでて「実習」。みんなで「ポンスニロード」を歩いて、ポンスニの巣塔までいった。

 さてさて、今回の訪韓は、①市長の通訳 ②自らの講演 という目的だったが、実はもうひとつ、重大な 第③のミッションがあった。
 金海市の子どもたちが、この夏に豊岡を訪問することになり、豊岡の担当職員とクァクさんの話し合いを仲介することだった。
 忙しい合間を縫って、日程や内容をすり合わせていった。

 金海市のハイレベル^^な子どもたち、今度は豊岡で会おうね!
[PR]

by kimfang | 2015-05-30 14:43 | トピックス
15/5/23 朝からフグ!
 豊岡市長は22日の午後に金海空港から日本に帰国された。ぼくとラムサール環境財団のイ・チャヌ チーム長は空港まで一緒にお連れしたが、ぼくは翌日に自らの子ども向け講演(花浦川湿地生態公園のクァク館長からの依頼)があるので帰国せずにそのまま残った。
 そして宿泊費節約のため、イ チーム長の家で宿泊。

 朝になり、最後のひと仕事に向けて、ネタをくるために散歩して帰ると、イ チーム長が「先生、朝ごはん食べにいきましよう」という。
 車ででかけた先は、何と、フグ料理専門店。フグチリ定食を食べた。そう、韓国人は朝からフグ料理を食べるのだ!
f0004331_18434110.jpgf0004331_1844456.jpgf0004331_18442385.jpg








 そういえば今からちょうど10年前。韓国ではじめての本である『コウノトリ』の企画が通ったとき、出版社に3日間「監禁」されて原稿を書き直させられたことがあったなぁ。そのときも、3日目の朝に「よくがんばった」と、朝食にフグを食べに連れていってもらった。これで2回目の「朝フグ」だ^^

 前回はわさび醤油がついていたが、今回はチョジャン(辛子酢味噌)。フグも美味しかっが、定食についていたヤンニョムケジャン(ワタリガニ)が超美味だった。

 お店のことをもっと知りたい人はここをクリック。

 講演まではまだ時間がある。この食堂は「マサン魚市場」のすぐ近くにあるので、うちのカフェでだしている伝統茶、オミジャ(朝鮮五味子)やテチュ(ナツメ)を買いに、市場にでかけた。

 買う物も買ったことだし、それではそろそろ講演会場にいくのかと思いきやまた、イ チーム長が、「先生、ちょっと早いですがお昼食べにいきましょう」という。

 次に連れていってもらったのが、カルビスープの店。これが何と、「ゴルフクラブ カルビ」という俗称で知られた有名なお店。ソウルのシンチョン(新村)の支店で、どでかい骨付カルビがでてきておどろいた。

 そう。本当にゴルフのドライバーみたい。ゴルフクラブと呼ばれているのも超納得。
 チーム長のお手本を見ながら、ハサミでひと口サイズに切っていく。こんなカルビスープは生まれてはじめてだった。
f0004331_18455439.jpgf0004331_18461366.jpgf0004331_18463763.jpg








 お店のことをもっと知りたい人はここをクリック。

 これで充電満タン^^  講演会場に入った。
 講演を終えるとクァク館長が肉を大量に買ってイ チーム長の家にきた。みんなで思いっきり焼肉を食べた。

 フグ、ゴルフクラブ カルビスープ、サムギョプサル―。
 この日、一日で、通訳の仕事のときにあまり食べられなかったリベンジを果たしたかな^^
[PR]

by kimfang | 2015-05-29 18:48 | トピックス
15/5/21 コウノトリとともに生きる―市長講演
f0004331_959225.jpg 
 21日。いよいよ、今回の旅で一番大事な豊岡市長の講演の日がきた。ところがこの日も朝から新聞社のインタビューや、慶尚南道の副知事さんとの会談などがあり、市長と講演の打ち合わせをする時間がとれない。
 会場に着くとまた、昌原市の副市長とフォーラムの発表者とを囲んでの簡単な歓談があり、直前の打ち合わせもできなかった。
 大丈夫か……。
f0004331_10001.jpg
 不安の募るなか、「コウノトリとともに生きる―豊岡の挑戦」というタイトルで、市長の講演がはじまった。ぼくは聴衆からは見えないところでひとりテーブルに座って、市長の話を淡々と訳すつもりが……^^
市長の話術にぼくもはまってしまって、情感たっぷりに、まるで自分が講演しているように話してしまった。
 通訳しては失格なのかもしれないが、コウノトリの野生復帰のために豊岡市民が取り組んで来た半世紀に及ぶ懸命の努力を、淡々と語ることなどできない。

 講演会のあと、多くの聴衆から、「感動しました」「ぜひ、豊岡にいってみたい」「まるで、市長がそのまま韓国語で話しているようだった」といってもらい、たいへんうれしかった。
 通訳が上手いんじゃなくて、市長の講演そのものが素晴らしく、豊岡のみなさんがやってきたことが偉大なのだ!
f0004331_1005839.jpg
 さあ、もう、市長の講演も無事に済んだので、もう、お役御免。休んでいいだろう。関係者に愚痴をこぼしても、まだ、解放してくれない。今回の旅行をMBCテレビが取材していて、この日も、「トキ」保護センターで「コウノトリ」のインタビュー^^
f0004331_1012598.jpg
 市長はぼくに話しかけるように語り、ぼくがそれをカメラの横で訳す。
 テレビ局のみなさん、ぼくの通訳料はないんですか? 
 ならばせめて、ぼくもテレビにだしてや!

 MBCのドキュメンタリー番組は、9月の放鳥に合わせて放映されるという。
[PR]

by kimfang | 2015-05-29 10:04 | トピックス
15/5/20 サプライズに、にっこり^^
f0004331_19192023.jpg
 いざ、ポンスニが一年近く暮らした「花浦川湿地」と、名前の由来となった「ポンハ(峰下)村」へ。
 移動の車中で、クァク・スングク館長から「市長さんにサプライズを用意している」と聞かされた。どんなサプライズなのか? その内容を詳しく説明を受けたが、あまりにもすてきなサプライズなので市長には訳さず、「たのしみにしておいてください」とだけ伝えた。
f0004331_19202443.jpg
 生態館につくと、金海市の環境局長が豊岡市長を出迎え、関係者数人を交えた簡単な会談が開かれた。
 会談の終盤で、環境局長が「ぜひ、豊岡を訪問したい」とおっしゃり、市長と固い握手を交わした。

 いよいよ、サプライズが待つ、「ポンスニロード」へ。
 花浦川湿地生態公園のクァク館長は、会議室の窓から「ポンスニ」を発見したときの様子を市長に話し、はじめて観察された地点から、少し離れたところに建てられた人工巣塔までの道を「ポンスニロード」と名づけたと説明した。
f0004331_1921748.jpgf0004331_19213996.jpgf0004331_19215870.jpg
 







 そのロードの途中に、ベンチが用意されて少し休憩できるスペースがあるのだが、そこには2羽のコウノトリの実物大の造形物がつくられていた(以前まではなく、今回新しくつくられた)。
 館長は、「このコウノトリは、まだ、ポンスニではありません。市長さまと、金海市の公務員の方、そして名付け親の和尚さまの3人で、このコウノトリをポンスニにしてください!」と話した。

 そして、ポンスニの足環の絵を掲げ、「このように、赤、黒、黄色の足環をつけて、ポンスニにしてください」と続けたのだ。
f0004331_21264332.jpg
 これには、さすがの市長もおどろいた。
 3人は順番に、3色の足環の色のテープをそれぞれに巻いて、ポンスニを完成された。すると館長は、
「となりのコウノトリはオスです。いつかオスを連れてここにもどってくると私たちは信じています。そのときに、オスの足環を完成させます」といった。
 市長をはじめとする参加者たちは、この粋なサプライズに、ドッキリではなく、にっこりした^^
f0004331_19233394.jpgf0004331_1924098.jpg
 その後、ポンスニが頻繁に訪れた田んぼのある、すぐ近くのポンハ村にもいった。村の特産品も販売している大きなストアーの看板にも、何と、ポンスニがいた! 

 この予期せぬサプライズ?にも、みんな、また、にっこり!
[PR]

by kimfang | 2015-05-28 19:24 | トピックス
15/5/20 通訳はホンマつらい^^
 5月21日、韓国の「慶尚南道ラムサール環境財団」が主催する生物多様性関連のフォーラムが慶尚南道の昌原市で開催された。
 フォーラムの講演者として兵庫県豊岡市の中貝宗治市長が招待され、ぼくも通訳兼ガイドして一緒に招かれた。
f0004331_10224851.jpg
 フォーラム前日の20日。金海(キメ)空港に着くと、財団のイ・チャヌ チーム長や、花浦川(ファポチョン)生態公園のクァク・スングク 館長が出迎えにきてくれた。ふたりとも昨夏に豊岡市で開催された「第5回 コウノトリ未来国際かいぎ」で講演した友人。もちろん、そのときの通訳もぼくだ。
 豊岡市の国際会議に呼んでいただいたお礼もあって、今回の豊岡市長の招待となった。

 日本の豊岡生まれの若いメスのコウノトリ―「ポンスニ」(韓国ではこう呼ばれている。日本ではJ0051)が、韓国に飛来したことによって、韓国ではちょっとしたコウノトリブームが起きていることは、このブログで何度も話した。

 立役者のポンスニがはじめて確認されたのが、金海市の花浦川生態公園だ。その第一発見者がクァク館長であり、足環から豊岡のコウノトリと確認したのが財団のイ チーム長だった。

 ポンスニが花浦川に居着くようになったと聞いた中貝市長は、花浦川を訪ねてポンスニに会いたいと願っていた。ちょうど昨秋、韓国の平昌(ピョンチャン)にて生物多様性会議が開催された。そこへいく前に訪ねようとしたのだが、悔しくも大型台風が豊岡市に迫っていたことでやむなく訪韓を断念した経緯がある。
そして今月、ポンスニは市長の訪問を待てずに、日本に戻ってきてしまったのだ。
f0004331_10232587.jpgf0004331_10235878.jpgf0004331_1024319.jpgf0004331_1025779.jpg







 さて、豊岡市長の花浦川湿地の訪問の前に、まずは昼食を。と、いうことで案内されたのが、金海市の伝統薬膳韓国料理の店「정림 チョンリム」。店の雰囲気も料理も最高急だ。
 でも……。

 通訳のぼくは美味しそうな料理を前にしても、通訳の仕事優先。ほとんど食べられずに終わった。
 今度は一般客として訪れたいものだ。

 ここの料理を詳しく知りたい人は、ここをクリック。
[PR]

by kimfang | 2015-05-28 10:27 | トピックス
15/5/14 韓国はトラ 日本はオオカミ
韓国絵本紹介コラム17回目です。
韓国はトラ 日本はオオカミ
f0004331_1950791.jpg
 久しぶりに、トラがでてくるむかし話絵本を紹介しよう。
 むかし、深い山奥に千年も生きぬいた、白いまゆ毛のトラがいた。トラには不思議な力があって、白いまゆ毛からでる光にあてると相手の本当の姿が見えるのだった。
 トラは山に人間がやってくるたびに、不思議なまゆ毛をかざす。人間の姿をしているが、本当は泥棒イノシシ、ずるがしこいキツネ、欲張りなタヌキ。トラは人間の本当の姿を見ぬくと容赦なく飲みこんでしまう。

 ところが何年かすると、山にまったく人間がこなくなる。その原因を探ろうと、白いひげのハラボジに姿を変えて町におりると、よくないうわさをしていた。
 「あの山の峠にはトラがいて、心のきれいな者だけを食ってしまうんだ!」
「何てことだ! 悪いトラだ!」
 トラがまゆ毛をかざして見てみると、みんな毒ヘビみたいなヤツばかり。

 しかしわら帽子の女の子だけは、白いひげのハラボシがトラだと見ぬいてしまう。あわてて山にもどったハラボシ姿のトラは、わら帽子の女の子がこっそりあとをつけていることに気づかない。元のトラの姿にもどるや女の子は、トラに向かっていった。

 「人の心のなかが、わかると聞きました。どうかわたしに、その力をさずけてください。人を助けるときに使いたいのです」
 「ならばお前の心のなかを見てみよう。悪い動物に見えたらすぐに食ってしまうぞ!」
 トラがまゆ毛をかざして見た女の子の姿は……。

 実はこのむかし話、日本では「オオカミのまゆ毛」というお話で、東北地方、関西、四国、九州に伝わってきた。
 おおよそつぎのような内容だ。ある村に貧乏なおじいさんがいた。働けど働けど暮らし向きはよくならない。ある日、山でオオカミと出会う。ところがオオカミは、おじいさんを食べないのだ。
f0004331_19522234.jpgf0004331_19524381.jpg
 「お前は働き者で正直な真人間だ。いくらオオカミでも真人間は食べない」
そういうとオオカミは、人の本当の姿が見えるまゆ毛をくれた。村に帰ってまゆ毛でかざして見ると、村人はみんな動物ばかり。人はいない。たったひとり人の姿をしていた庄屋さんは、おじいさんを守り神だと思い、家に連れてかえって大事にする。

 話をもとの絵本にもどそう。作者は最後にこう問いかけている。
 「さて、ところで君たちの心はきれいかな?」 

 記事全文はここから読めます。
[PR]

by kimfang | 2015-05-14 19:53 | 連載
15/5/9 カヤネズミの紙芝居入稿
 先日、新作紙芝居『カヤネズミのおかあさん』(童心社)の絵が届いた。
 絵は、絵本にっぽん賞を受賞した『がたたんたん』(ひさかたチャイルド)などで知られる福田岩緒先生。
 届いた絵と自分の脚本をプリントアウトして画用紙に貼り合わせ、ダミーをつくった。
「自作自演^^」しながら脚本の最終チェック。
 無事、入稿となった。
f0004331_15452280.jpgf0004331_15461989.jpgf0004331_15473475.jpg










 ススキやアシの葉を使って、鳥のような巣をつくる日本で一番小さなネズミ、カヤネズミ。そんな小さな生きものが、色いろな敵にねらわれながらもたくましく生きていることを子どもたちに知らせたい。
 
 せっかくつくったダミーなので、本物が届くまでうちのカフェで展示しよう^^

 8月1日発売です。
[PR]

by kimfang | 2015-05-09 15:49 | トピックス
15/5/1 赤いモンペのアナグマさん
韓国絵本紹介コラム16回目です。
赤いモンペのアナグマさん
f0004331_17224887.jpg
 春らしくなってきて、花がたくさん咲きはじめた。今の季節にピッタリの『あなぐまさんちのはなばたけ』(原題 오소리네 꽃밭)を紹介しよう。
 ある日、山の峠の陽だまりでいねむりをしていたアナグマおばさんは、つむじ風によって街まで吹き飛ばされてしまう。人に見つからないよう急いで帰る途中、ふとのぞいた学校に花畑があった。
アナグマおばさんは、名前も知らないきれいな花にうっとり。

 「わたしも家に、きれいな花を咲かせよーっと!」
 山の家に帰ったおばさんは、アナグマおじさんと一緒に花畑をつくろうとするのだか、
 「あー、おまえさん! それはナデシコよ。掘っちゃ、ダメ!」
 「アイゴ―! それはツリガネニンジンよ。掘っちゃダメ!」
 家の周りはみな、花、花、花。お花が咲いていないところがない。
本当に大切なものは、自分のすぐそばにあることを、そっと気づかせてくれる。
f0004331_17232524.jpg
 文は韓国児童文学界の巨星、クォン・ジョンセン先生。絵はチョン・スンガクが描いた。ベストセラー絵本『こいぬのうんち』(第1回で紹介)の、あのコンビの作品で、『こいぬのうんち』がでた翌年の1997年に韓国で発売された。
 約20年前の作品だが、教科書に収録されるなど、今も多くの支持を得ている名作だ。 
f0004331_1724652.jpg
 わたしはアナグマおばさんがはいている、赤色の派手なモンペ(韓国語でモンペパジ)がとても気に入っている。よく見ると、動物の足跡のような模様が入っていて、なかなかおしゃれ!
 モンペが、韓国の田舎のアジュンマたちの定番ファッションということで、画家もアナグマおばさんにはかせたのだろう。

 ところが、昨今、このモンペが涼しくて機能的なことに着目。若者もはける柄が登場して大流行している。名前も、田舎臭い「モンペパジ」ではなく、まるで冷蔵庫(ネンジャンゴ)のなかのように涼しいということで、「ネンジャンゴパジ」という今風の呼び名で呼ばれているのだ。
 この夏、みなさんもネンジャンゴパジをはいてみてはいかが。

 記事全文はここから読めます。
[PR]

by kimfang | 2015-05-01 17:24 | 連載