動物児童文学作家のキム・ファンです!!
<   2017年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

17/4/9 4年目にして「収穫」なるか? トマト絵本

f0004331_10352198.jpg 先日、韓国の出版社から絵本「トマト、野菜なの?果物なの?」の絵の下描きが届いた。企画を送って4年目にして見たその絵は、センスが光るいい絵だった。

 そもそも、この絵本の企画を送ったのが2013年の夏。秋には原稿を書きあげて正式に出版が決まった。

 ところが……だ。

出版社の事情もあり、ぼくの担当編集者がころころ変わり、画家さんもなかなか決まらなかった。

ぼくが企画を送った当時はまだ、韓国に「食育」をテーマにしたオリジナルの絵本は少なく、この分野は日本の翻訳本が大半を占めていた。それが最近は、「チゲスープ」の絵本がでるほどに、韓国オリジナルのバラエティにとんだ食育絵本がでるようになった。

f0004331_10352921.jpg

そんな昨今のブームを見てあせったか^^

企画を送って3年がすぎた去年、ようやく出版社は「フリーランス編集者」(出版社の編集者ではなく、外注)へ編集を依頼し、出版へ向けての動きが本格化した。

なのに、よせばいいのに、今回の絵を見て、さらなる追加の絵を要求しちゃったよ~()。編集者も賛同してくれてよかったのだが、またさらに、出版が遅れるかもしれないなぁ。

 今年中にでると信じよう。まずは絵の完成を待ちたい。

 


[PR]

by kimfang | 2017-04-09 17:20 | トピックス
17/4/8 マナブの追悼記事

f0004331_14193913.jpg

 2月の末に死んだ、京都市動物園のツシマヤマネコ、マナブの追悼記事が毎日新聞・京都版に掲載された。

 マナブは、ぼくが1月に毎日新聞の「読んであげて」のコーナーにて連載していた「ヤマネコ飼育員物語」でも登場した。

 ツシマヤマネコは日本では長崎県の対馬に70100頭しか棲息していない、日本で一番絶滅に近い種だ。現在、環境省と日本動物園水族館協会が協力し、全国の10の施設でツシマヤマネコの飼育や飼育下繁殖が行われている。

 しかし彼らの飼育下繁殖は簡単ではない。繁殖用のヤマネコたちを確実に繁殖させるため、お客さんに見せない非公開の繁殖施設で飼育している。マナブも、そのなかの1頭だった。

 若いマナブは父親になってくれることを期待されたが、1歳のころに心臓病が見つかり繁殖事業から外されることになり、公開もされることになく逝ってしまった。

 ところが一度も公開されたことがないのに、マナブの死を知った人たちから5通の手紙や花束が動物園に届いた。

 マナブを担当した高木直子飼育員のブログ(動物園の飼育員ブログコーナー)や、京都市動物園で毎年開催されている「やまねこ博覧会」でマナブが紹介されたからだろう。届いた手紙のなかには「毎日新聞の童話で知りました」と書いてあるものもあったから、ぼくの連載も少しは役立ったと思う。

ツシマヤマネコのことをひとりでも多くの人に知らせたいと、がんばったかいがあった。

さらに多くの人たちにツシマヤマネコを知らせるためには、「ヤマネコ飼育員物語」の連載を書籍化し、全国に広く発信するのが一番望ましい。

ということで、書籍化の準備をはじめたところだ。小さな進展も、ここで報告していきたいと思っている。


[PR]

by kimfang | 2017-04-08 14:26 | トピックス
17/4/2  「すばこ」台湾版でてた!

f0004331_13312176.jpg

 先日、ふとしたことで絵本『すばこ』の絵を担当してもらったイ・スンウォンさんのブログを見ることに。

 するとだ! 2014年1月の記事に「台湾版が数か月前にでたが、きょうになってようやく届いた」という記述があった。

 えっ? 台湾版でてるの? 聞いてないよ! それも2013年にでたということ?

 急いで版元の韓国の出版社に問い合わせた。

とはいえ、知ってる編集者はみな辞めていてだれもしらない。人づてに何とか営業担当につながった。その人も台湾版がでたことを知らなかったようで、「本社」に問い合わせてみるという。

 何? 本社って?

 この出版社、以前は教育分野の大手会社のなかの単行本出版部だったが、何年か前に分社化されたそうだ。その混乱のなかで連絡が抜け落ちたという説明だ。

f0004331_13311943.jpgf0004331_13310608.jpg で、きのう、EMS(国際スピード郵便)で「問題の^^」本が届いた。

 タイトルが「男爵的鳥巣箱」と変わってた。

 日本語版では省かれた「紙巣箱づくり」がついていた。

 これらは台湾で販売を考えてのことだろう。

 まったく問題ない。

けれども……。

「金晃」とならなくてはいけない、この本の著者であるぼくの名前が「金煌」に……。だす前にそれくらいは確認してよ()

 うーん。まっ、いいかっ^^ 台湾版がでたこと自体はとてもありがたいことだから。

 台湾でも多くの男爵があらわれることを願っている!


[PR]

by kimfang | 2017-04-02 13:33 | 出版物
17/3/31 「すばこ」が北海道指定図書、福井県優良図書に
f0004331_13420708.jpg
f0004331_13421382.jpg
 絵本『すばこ』が日本で発売されて今月で1年になる。厚生労働省社会保障審議会推薦の児童福祉文化財に選んでもらったり、日本絵本賞の読者賞候補絵本に選んでもらったりと、ありがたいことが続いた。

 そしてまた、北海道の指定図書 福井県の優良図書 に選んでいただいた。

「鳥」年の今年、青葉の季節に鳥との共生を考えるきっかけになれば幸いだ。





[PR]

by kimfang | 2017-04-01 13:47 | 出版物