動物児童文学作家のキム・ファンです!!
<   2017年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

17/5/16 ツシマヤマネコ、京都市動物園で誕生!

 京都市動物園で11日、国の天然記念物ツシマヤマネコの赤ちゃんが2頭誕生した! ツシマヤマネコは野生に100頭もしくは70頭(算出方法がちがう)しかいない絶滅危惧種だ。

いま環境省と全国の動物園が協力し、ヤマネコを動物園で増やし自然に帰る訓練をした後で対馬の自然に帰すプロジェクトが静かに進められている。

f0004331_15192754.jpgf0004331_15194315.jpg






ぼくは赤ちゃんを誕生させるために奮闘する、京都市動物園のヤマネコ飼育員、高木直子さんの姿を描いた『ヤマネコ飼育員物語』をことしの1月に毎日新聞の「読んであげて」のコーコナーで連載した。

 連載では、去年の4月に出産までこぎつけるも惜しくも赤ちゃんが死亡し、主人公がヤマネコたちの故郷である対馬を訪れて新たな決意をするところまでを書いて物語は終わった。

 今年こそ誕生してほしいと、いのるような思いでいたが、見事、2頭が生まれて心からよろこんでいる。

 じつは連載を書籍化しようとがんばっているところだ。赤ちゃん誕生は本にするのにも強い追い風になることだろう。力がわいてきた。

 京都新聞の記事    毎日新聞の記事   朝日新聞の記事


[PR]

by kimfang | 2017-05-16 15:21 | トピックス
17/5/8 こたつでみかん

f0004331_14330150.jpg

 韓国の友人が訳した絵本をもらった。『おばけのおうち いりませんか?』(せきゆうこ / PHP研究所)の韓国語版だ。じつはこの絵本の翻訳に、ぼくもちょっとだけ参加している。

 訳者は、日本に留学経験もあり、200冊を超える絵本を翻訳している韓国を代表する大翻訳家であり、ぼくは韓国にいくたびに会って、日韓の絵本事情について情報交換している古くからの友人だ。

 その大翻訳家から、どうしてもわからない日本語があると相談を受けた。

 それは、ミカン箱に書かれた「こたつでみかん」。これって、どういうこと? どう訳せばいいの? という質問だった。そりゃあ、どんなに辞典を引いても、わからないだろう^^ 日本生まれで日本育ちのぼくが、冬にこたつに入りながらミカンを食べることの幸せを表す言葉と説明した。

 しかし「こたつでみかん」は、絵のなかにさりげなく書かれた短い言葉だ。長々と説明調には書けない。しかも、オンドルが主流の韓国にコタツはない。

 絵本をもらったとき、例の、ぼくが説明した、あの部分が気になって、あわててページをめくった。あった。あった。ははは^^

 彼女は「冬はやっぱりみかん」と訳していた。韓国語だと겨울에는 역시 」。

同じく7文字に収めるところが、やっぱり、大翻訳家、プロ中のプロ。お見事!


[PR]

by kimfang | 2017-05-08 14:33 | トピックス