動物児童文学作家のキム・ファンです!!
 『サクラ-日本から韓国へと渡ったゾウたちの物語-』の発売予定日
お待たせしました。
 『サクラ-日本から韓国へと渡ったゾウたちの物語-』の発売予定日が決まりました!
 2007年3月23日です。
 
 全国の書店にて御購入ください。
 学研のホームページからも購入できます。
http://shop.gakken.co.jp/shop/order/k_ok/bookdisp.asp?code=138663
[PR]

# by kimfang | 2007-03-06 08:14 | トピックス
上関原発詳細調査のストップを!
【ビデオ「瀬戸内の原風景・長島」完成記念シンポジウム&写真パネル展】のご案内です。

 3月10日(土)京都、11日(日)岡山で開催されます。

 チラシはこちら 
[PR]

# by kimfang | 2007-02-23 00:05 | トピックス
07/4/7 韓国朝鮮児童文学セミナーでお話します。
 4月7日(土)の第6回韓国朝鮮児童文学セミナーのご案内
 日韓でノンフィクション児童文学(日本でゾウ、韓国でコウノトリの話)を出版して感じたことをお話します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(転送歓迎)

第6回韓国朝鮮児童文学セミナー 
 13:30 開会あいさつ 
 13:40 「日本における06年韓国朝鮮児童文学」(仲村修・研究翻訳家)    
 14:05 「オリニほんやく会に参加して」(新入会員4人)
 14:30 「朝鮮を描くノンフィクション児童文学と明日」(真鍋和子・ノンフィクション児童文学作家)
 15:00 「おはなし・未紹介の伝承から(自訳朗読)」(仲村修・研究翻訳家)
 15:25 ―― コーヒーブレイク ――
 15:50 「南北を訪問して」(李慶子・リキョンジャ・児童文学作家)
 16:15 講演「コウノトリとゾウがつないでくれたもの」(金晃・キムファン・動物児童文学作家)
 17:15 質疑応答(全体的に)
 17:25 閉会あいさつ *みんなで椅子のお片づけ、そのあと希望者いっぱいの懇親会
                        
主 催  オリニの会+オリニほんやく会
日 時  2007年4月7日(土)13:30~
ところ  神戸学生青年センター(ホール)
参加費 1000円(懇親会3000円)

◎下はブログ「韓国朝鮮子どもの文学*オリニネット」のアドレスです
 http://blog.goo.ne.jp/eorini2005/ 
[PR]

# by kimfang | 2007-02-18 00:39 | トピックス
07/1/31 箕面小学校でカワウソのお話をしました。
 2007年1月31日、大阪府箕面市立箕面小学校でカワウソのお話をしました。

f0004331_23581759.jpg
 4年生97人の総合学習・環境学習として呼んで頂きました。
f0004331_23591927.jpg
 写真はソウル大公園で生まれたカワウソの赤ちゃん。
f0004331_002629.jpg
 入園切符にもカワウソのイラストが。

 韓国よりも日本の川の方がきれいに思えるのに、どうして日本のカワウソは絶滅し、韓国のカワウソは生き残ったのだろうか?
 みんなで一緒に考えました。
 カワウソが日韓友好のシンボルになればいいね。
[PR]

# by kimfang | 2007-02-07 00:01 | トピックス
07/1/14 フリースクール「わく星学校」の新年会で講演
 新年会の風景 → こちらをご覧ください。
[PR]

# by kimfang | 2007-01-12 00:21 | トピックス
07/1 本年もよろしくお願いいたします!
 昨年、日本児童文学者協会「第1回子どものための感動ノンフィクション大賞」最優秀作品賞をいただいた 『サクラ-日本から韓国へと渡ったゾウたちの物語-』が、今年学研より出版予定です。
[PR]

# by kimfang | 2007-01-03 11:47
05/8 長生浦鯨博物館に行ってきました
 2005年8月 コククジラの取材のため、韓国・(ウル)(サン)広域市にある(チャン)(セン)()鯨博物館に行ってきました。

f0004331_12465587.jpg 博物館はクジラが口を開けている様な形。なんといっても入場料が安かった。1000ウォン。現在のレートで120円。

 展示は、捕鯨歴史館、コククジラ館、子ども館の三つに分かれていた。
f0004331_12472383.jpg
 館内では、海底の砂を削り取るように口に入れて砂を濾して海底生物を食べるコククジラの食事行動が上映されていた。


f0004331_12482285.jpg


 太平洋西側・アジア系のコククジラは韓国や中国の海で出産子育てをする。
f0004331_12483574.jpg
 学芸員のカクさん(中央)と、総務理事のイさん(右)に多くのお話しを聞いた。
 一番心に残ったのは、韓国人が産後の「回復食」にワカメを食べるようになった由来。
 クジラが出産のあとの治癒のためにワカメを食べのを見た高麗人が、産婦にワカメを食べさせるようになったことに起因する。このクジラがコククジラだ。

f0004331_124950100.jpg
 1912年、コククジラの研究のために(ウル)(サン)にやってきたアメリカ人の学者、ロイ・エンドリューは、実際にコククジラのお腹を開いてワカメなどの海藻が溶けてできたゼラチンを確認した。

 右の写真は1912年にロイ・エンドリューによって撮影された長生浦で捕獲されたコククジラ。

f0004331_1250566.jpg
 博物館の庭には、1962年にコククジラ回遊海面が天然記念物に指定されたことを伝える石碑、1997年に建てられたモニュメントがあり、捕鯨船も展示されていた。

f0004331_12512131.jpg

f0004331_12514742.jpg 2005年、(ウル)(サン)で開催された第57回国際捕鯨委員会を記念して発行された切手。
 もちろん、コククジラ!

 蔚山とクジラについては↓
 http://iwc.ulsan.go.kr/jpn/whale/whale08.html

 詳しくは、こぼれ話「鬼神クジラとワカメスープ」にて。
[PR]

# by kimfang | 2006-12-04 12:54
06/4 長崎ペンギン水族館へ行ってきました。
f0004331_22335161.jpg 2005年4月 フサンアクアリウムからきた「ソガリ」に会うために、長崎ペンギン水族館へ行ってきました。
 長崎ペンギン水族館では、8種類、140羽のペンギンが飼育されている。もちろん、日本最大級!
 けれども、今回の取材はペンギンではなく、ソガリ(和名・コウライケツギョ)。

f0004331_22343864.jpg
 見た目は荒々しいが、その身は白く引き締まっていて、味は淡白にしてほのかに甘い。
 韓国の高級料理、ソガリのメウンタンの食材だ。

f0004331_22361239.jpg
  長崎ペンギン水族館は、2004年にプサンアクアリウムと姉妹水族館提携を結んだ。

f0004331_2238309.jpg プサンでも、ペンギンが飼われている。ペンギン飼育担当者の人的交流と、生きものの交換を行なった。
 長崎側が要請したのが、ソガリだった。

f0004331_22372157.jpg
←館長さんの説明を聞く。

 多くの生きもののなかから、どうしてソガリだったのか?

 詳しくは、こぼれ話「ペンギンがとりもつ姉妹水族館」にて。
[PR]

# by kimfang | 2006-11-04 22:39 | 取材ノート
06/11/2 KBS京都ラジオに出演します。
 KBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演することになりました。

 11/2(木)午前7時10分前後からの「日産ラジオナビ」という15分ほどのコーナーです。
 児童文学やコウノトリなど動物にまつわるお話をします。

http://www.kbs-kyoto.co.jp/radio/hokahoka/menu.html
[PR]

# by kimfang | 2006-10-26 23:09 | トピックス
06/9/13付、統一日報にコメントが載りました。
 『チョウセントラ  ただいま日本にただ1頭』 06/9/13付、統一日報
 http://www.onekoreanews.net/news-syakai02_060913.cfm
[PR]

# by kimfang | 2006-09-20 23:56