動物児童文学作家のキム・ファンです!!
07/7/7 ソウルにある国立オリニ青少年図書館で講演しました
 2007年7月7日 ソウルにある国立オリニ青少年図書館で講演しました。

 国立の子ども図書館は、昨年オープンしたばかり。真新しい図書簡に80人近い聴衆が集まりました。

f0004331_2326129.jpg さすがは国立という、すばらしい施設でした。


  当日のポスターです。

f0004331_23274882.jpg


f0004331_23284297.jpg

講演が終ったあと、関係者と記念写真。

f0004331_23292774.jpg

参加者と記念撮影

[PR]

# by kimfang | 2007-08-01 23:29 | トピックス
07/7/6 清州 奇跡の図書館で講演しました
2007年7月6日 清州(チョンジュ)奇跡の図書館で講演しました。

f0004331_2334570.jpgf0004331_2341214.jpg
 韓国KBSテレビ 清州放送局が講演を取材。その日のニュースで紹介されました。

f0004331_2354185.jpg
←右の方が、ソ館長さんです。
子どもたちと父母、50人も来てくださいました。

f0004331_2345916.jpg
 作った紙コウノトリの名前を考えるのに、一時間以上もかかったお友だちもいました。

f0004331_237445.jpg
[PR]

# by kimfang | 2007-08-01 23:07 | トピックス
07/7/6 韓国の小学校で講演しました
 2007年7月6日 韓国の小学校で講演しました。

 忠清南道牙山市のコサン小学校は、学生数の減少にともない廃校の危機に。父母と先生の懸命の努力により廃校を回避。体験学習を充実させることにより、学生数が回復しました。

 今では、農村漁村のモデル校として熱い注目を浴び、「韓国でもっとも通いたい学校」のひとつに数えられることになった有名校です。そんなすばらしい学校の四年生と五年生に、コウノトリのお話しをしました。

f0004331_371619.jpg
f0004331_363013.jpgf0004331_375424.jpg
f0004331_385927.jpg

 教室の様子
f0004331_310930.jpg

 『コウノトリ』(ウリ教育)を全員が購入してくださいました。
f0004331_313799.jpg

 本の一番うしろについているコウノトリ紙工作をみんなで作りました。

f0004331_3142112.jpg
f0004331_324296.jpg 
 お土産にもらったのは朝掘ったばかりのジャガイモ。
 もちろん、子どもたちが自らの力で作ったものです。

f0004331_325670.jpg
 韓国の小学校をはじめて訪問。
 子どもたちと、たのしいひと時を過ごしました。

f0004331_326848.jpg
[PR]

# by kimfang | 2007-08-01 03:10 | トピックス
07/8/1~5 「韓国絵本の魅力」(京都)でお話をします
 8月1日~5日、「韓国絵本の魅力」が京都国際交流会館2Fで開催されます。

 私が、おはなしと読み聞かせをします。
 韓国絵本と一緒に『コウノトリ』(韓国語)と『サクラ』(日本語版)も販売します。
 ぜひ、おこしください。※当初、今回の絵本展で韓国版『サクラ』の販売をお知らせしましたが、発売が8月10日と遅れてしまいました。訂正してお詫びします。
http://www.kcif.or.jp/jp/zigyo/ehonten/korean_ehon.html
[PR]

# by kimfang | 2007-07-16 23:46 | トピックス
07/4 韓国で『コウノトリ』を出版しました
 4月上旬、韓国で『コウノトリ』を出版しました。

f0004331_3212423.jpg 母国での出版は長年の夢。執筆から3年もかかりましたが、多くの友人の奮闘によりようやく出版することができました。
 この本は、ウリ教育社の大型企画 -自然と共に生きる話シリーズ-の栄えある第1号として出ました。
 そしてなんと、韓国刊行物倫理委員会が選ぶ「6月の本」に選定されたのです!
 韓国には課題図書というようなものはなく、韓国刊行物倫理委員会が選ぶ「今月の推薦本」が全国の書店に並び、図書館が購入するといいます。

 各メディアもたくさん紹介記事を出しました。そのなかの一部です。
少年韓国日報 「6月の本にコウノトリ」 ハングル
オーマイニュース「在日同胞3世が書いた韓日コウノトリ野生復帰ドラマ」 ハングル

 日本のコウノトリ野生復帰への取り組みを、より多くの韓国の子どもたちに紹介できることでしょう。
[PR]

# by kimfang | 2007-06-12 03:19 | 出版物
07/6 『サクラ』が「しあわせ図書館」にて紹介されました
 『サクラ -韓国から日本に渡ったゾウたちの物語-』が父母と教師を結ぶ雑誌・日本子どもを守る会編集『子どものしあわせ』7月号の「しあわせ図書館」にて紹介されました。


 『サクラ』の韓国語版が韓国最大手の出版社―創批社(チャンピ)から出版されることになりました!

 8月~9月の出版予定です。
 現在、韓国版出版に向けて詰めの作業をしております。韓国のみなさん、もうしばらくお待ちください。
[PR]

# by kimfang | 2007-06-12 03:16 | トピックス
07/4/29 出版記念会を催してくれました!
 4月29日 『サクラ』と『コウノトリ』の出版を祝って、日韓の友人がザ・パレスサイドホテルにて出版記念会を催してくれました。

 当日の様子はジュゴン保護キャンペーンセンターの上田さんが「ジュゴン掲示版」にアップしています。

 ザ・パレスサイドホテルのスタッフのみなさんには、心温まるおもてなしをして頂きました。
 この場を借りてお礼を申し上げます。
[PR]

# by kimfang | 2007-06-12 03:12 | トピックス
07/3/30 KBS『笑福亭晃瓶のほっかほっかラジオ』に出演
 3月30日(金)、KBSラジオ 『笑福亭晃瓶のほっかほっかラジオ』に出演しました。

 まずは名前の話から。
 キム・ファンのファンは漢字で「晃」。晃瓶さんの「晃」と同じ字ということで盛り上がりました。
 晃瓶さんいわく「それじぁぼくは、ファンへいだ!」

f0004331_23185115.jpg
ラジオのスタジオで。

 新作、『サクラ―日本から韓国へ渡ったゾウたちの物語―』のお話をさせていただきました。

f0004331_2319948.jpg
左が私
中央が晃瓶さん
右が中村薫さん

 サクラは気分がいいと芸をする。
 それが韓国のソウル大公園の人気投票で3位になった理由のひとつと説明すると、「幼い頃に教え込まれた芸をいまだにしているとは…心が痛みます」と晃瓶さん。
 日頃は辛口トークの晃瓶さんですが、本当はとても心のやさしい方だと感じました。

 ラジオ出演のきっかけはコウノトリ。
 韓国を旅した構成作家さんがコウノトリのイベントに遭遇。そこで日韓で進められているコウノトリの野生復帰への取り組みを知る。
 
 仁寺洞(インサドン)で行なわれた「コウノトリ愛キャンペーン」
 帰国後、構成作家は作家さんは一路豊岡へ。
 コウノトリ文化館―「コウノピア」で発売されていた『くちばしのおれたコウノトリ』と出会う。私が京都に住んでいることを知り、連絡が。

 こんなことってあるんですね。
[PR]

# by kimfang | 2007-04-22 23:19 | トピックス
07/3 『サクラ-日本から韓国へと渡ったゾウたちの物語-』 発売!
f0004331_19253946.gif 
お待たせしました。
 『サクラ-日本から韓国へと渡ったゾウたちの物語-』が発売されました。

 全国の書店にて御購入ください。
 学研のホームページからも購入できます。

 【関連記事】
 第1回子どものための感動ノンフィクション大賞 最優秀作品賞を受賞しました!



 【リンク】 林 あゆ美 さんがサクラの紹介記事を書いてくださいました。
[PR]

# by kimfang | 2007-03-24 19:26 | 出版物
07/3/3 能勢町立天王小学校でお話
2007年3月3日 能勢町立天王小学校でお話しをしました。

 天王小学校は全校生徒7名。生徒たちは、まるで兄妹のように仲良し。
 先生と学父母たちは、生徒たちがより多くの人と出会えるようにと、定期的に講師を招いて一緒に学んでいるのです。
 講演タイトルは「コウノトリがむすぶ日韓交流」。先生と学父母も一緒に参加しました。
 今回、私が講師として招かれたのは、校長先生が本屋さんで買って子どもたちに読み聞かせしてくださった絵本が、なんと、私の『ジュゴンのなみだ』だったことから実現しました。

 講演は、韓国の民話を語ったあと、日韓で進められているコウノトリの野生復帰への取り組みを話し、最後に、コウノトリの紙工作をするというもの。

f0004331_1130633.jpg
 コウノトリの紙工作に取り組む生徒たち
f0004331_1130465.jpg
 先生と父母たちも真剣
f0004331_1131324.jpg
 完成した紙コウノトリ。全員が最後まで作り上げました。
f0004331_11315897.jpg
 「チーズではなく、ハイ、キムチ! 」
 みんなで、記念撮影。たのしいひと時を過ごさせていただきました。
[PR]

# by kimfang | 2007-03-10 11:32 | トピックス