動物児童文学作家のキム・ファンです!!
<   2018年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

18/2/11 青少年読書感想文全国コンクール 表彰式

f0004331_10454661.jpgf0004331_10455481.jpgf0004331_10455902.jpg





 

 9日、第63回青少年読書感想文全国コンクール表彰式が、東京の経団連会館で行われ、受賞者や関係者約830人が参加した。

 今回、このコンクールに応募したのは海外の日本人学校を含む25,847校、総応募数は4,307,256編。読書離れが心配される中、こんなにも多くの応募があったことに改めておどろき、はじめて参加してコンクールの規模の大きさに圧倒された。

 こんな大規模で長く続く読書感想文コンクールは、おそらく世界のどこにもないだろう。

f0004331_10463866.jpg

 そしてなんと、約431万編のなかから、ぼくの『すばこ』を読んだ感想文が、優秀賞である「毎日新聞社賞」と優良賞である「全国学校図書館協議会長賞」を受賞した。おめでとう、そしてありがとういう思いで表彰式に参加した。

 今回、はじめて参加して感じたことは、表彰された子どもたちが在籍している学校も同時に表彰されるということ。これが、コンクールが大規模で長く続く理由なのかもしれない。

 また、参加できるよう、いい本をだしていきたい。

 以下の毎日新聞の記事の中にある動画の7秒あたりにわたしが登場しています!

 「毎日新聞の記事」




[PR]

by kimfang | 2018-02-11 10:49 | トピックス
17/2/5 『ゴリラから平和を学ぶ』、もうすぐ

f0004331_10265294.jpg

韓国で、ゴリラの科学読みものの発売が間近に迫っている。思い起こせばこの本は、2010年に『ココーゴリラと子ネコの物語』の翻訳企画を持ち込んだことからはじまった。なんと、発売までに8年もかかった本だ。

手話で話すゴリラ、「ココ」の絵本(アメリカ)は世界各国で翻訳されている名作だ。しかし当時、韓国にこの本はまだなく(今も)、出版社はこの企画を二つ返事で快諾した。いいプロデュースをしたとよろこんでいた。

ところが、翻訳許可の返事はこない。1年がたち、2年がたって出版社が、「もう、あきらめましょう。どうです? 先生がゴリラの科学読みものを書くというのは?」と逆に提案された。

f0004331_10270311.jpg

f0004331_10271778.jpg

韓国では2006年にでた『ゴリラは携帯電話が憎い』という本(写真)がベストセラーになり、いまも売れ続けている。スマホや携帯をつくるのに欠かせないのが「タンタル」というレアメタル。それを得るためにゴリラの生息地が破壊されていることを衝撃的に知らせた。世界で一番、スマホや携帯をつくって売っている国ゆえに、その反響もとてつもなく大きかった。

その後、これを児童向けにしたものもでたが、(一般書も)一冊まるごとゴリラではなく、多くの話の中のひとつがタイトルの話なのだ。つまり、本格的なゴリラの科学読みものは、韓国になかったのである(今も)。

 ぼくの本は、争いのない平和な社会、序列がなく競争がない平等な社会を築いているゴリラをもっと詳しく知ろうという内容だ。タイトルは「ゴリラから平和を学ぶ」にした。

f0004331_10301772.jpg

 ゴリラをだそうとしてから8年間、翻訳の許可がこなかったり、画家さんにつらい災難があったり、担当編集者が2度も代わったりと、アクシデント続きだったが、昨年末、応募総数1,800編の中から「京畿道 優秀出版コンテンツ」(全10編)に選ばれた。

選定作は賞金をいただけるだけでなく、全国約3,000の京畿道内の公共施設に寄付されるという。

12日、発売予定。


[PR]

by kimfang | 2018-02-05 10:31 | 出版物